服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

埼玉出身・ハワイ州ホノルル在住。コスメ・ファッションオタクを経て、海外旅行オタクになり、ついに海外移住。多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝
住んでいるハワイのことのほか、以前にした海外旅行ブログを遅筆連載中






済州観光公社様プレゼンツチェジュ島旅行@新済州周辺町歩き! シリウスホテルからパラダイスカジノ済州までの道

シリウスホテルの付近は新済州というエリア。空港に近く、繁華街というほどではないですが、ちょっとした飲食店、ソウルでも見かけるようなチェーン店が並んでいるエリアがありました。シリウスホテルから、両替できるパラダイスカジノまで歩いて見ました。

徒歩10分くらい! 両替ついでに、遅めのお昼ご飯もたべられればということで。

 

 

見たことのないスポーツショップ。

韓国ブランドのようです。ちょっとスノーピーク的な雰囲気のあるアウトドアブランド。

 

 

VANSなど、日本でも見かけたことのあるロゴが結構あります。

 

 

そしてタピオカブームを牽引する台湾のゴンチャ! もうほんとどこにでもありますね、アジア圏。

韓国は3月でも決して暖かいわけではなく、長蛇の列とはいかずとも、人は結構いた印象でした。

 

 

韓国アパレル大手、イーランドグループのブランドSPAO。SHOOPENの姉妹ブランドでもありますね。そこそこ大きくて、男女の服共に揃っています。

 

 

ソウルでもしょっちゅう見かけたPARIS BAGUETTE。結局入るには至ってないなあ。

…ではなく、手近な韓国料理屋さんに入って腹ごしらえすることに!

この時点で現金は持っていませんでした。ですが韓国はカード普及率が欧米並みに高いので、なんとかなるんじゃないか? という考えで、お店に突入。

 

 

お店の名前はハングルで読めませんが、街の食堂という雰囲気のお店です。

 

 

ちょっと冷えていたので、迷わずスンドゥブを選択!

韓国で食べるスンドゥブは日本のより熱く、かつ辛いのですが、辛いのに美味しいというトラップにハマってしまい、いつもあふあふいいながら必ず食べています。

ちなみに上にも書いてありますが、クレジットカードが使えるようで一安心笑。

 

 

注文したら出てくる韓国おかずとご飯。

おかずがデフォルトで多いのが、韓国料理の好きポイント! これは美人も増えるわ。

 

 

出てきたスンドゥブは想像に違わず、グッツグツ…!

ごはんをうまいこと組み合わせて、覚ましつつ、辛さをなだめつつ食べました。

おいしゅうございました!

 

 

あたたまったところで、クレカで会計して、ふたたびパラダイスシティへ!

ふと見かけたカフェのチラシ。

フルーツの写真とホットっぽい飲み物が写っていますが、ホットジュースみたいなものなのかな…。

日本にはなかなかない種類のものなのでおいしそすう。

 

 

さっそく到着しましたパラダイスカジノ。

先に、ちょこっとコンビニへ…。

 

 

コンビニの一番手前にどんと置いてあったのが、みかーん!

済州島はみかんが有名なので、済州みかんですね。

スーパーで買って帰って、ホテルでずっと食べててもよかったなーと今更後悔…。

 

 

よく見かけるレンチンフードの上に…ぐでたま!?

たぶん茹で卵とかだと思うのですが、ぐでたまがこんなところでも活躍しているとは…。

地味にアジア圏でぐでたまってよく見かけます。

 

 

韓国はコールドプレスジュースがいっぱい!

その中でも、チェジュ島はやっぱりみかん。

JEJUと書いてあるみかんジュースは、普段ジュースを大量に飲まないわたしでも今回は買っちゃう!

日本の温州蜜柑に似て、優しい味です。

 

 

いつものホットミール類。おかゆの種類が多いのが韓国って感じですよね。かぼちゃ粥は特に韓国らしい。

タイや中華圏もおかゆ文化ありますけど、日本はそれほどでもないよなあ…と思うと、大陸を隔てただけで結構変わる気がしますね。

 

 

みんな大好きハーゲンダッツ!

例によってフランス製、大きいけど高い。

 

 

とうもろこしアイスっぽいものがあって不思議でしたが、どんな味がするんだろう…?

みんなクラッカーみたいな形してますね笑。

 

 

ハーゲンダッツのバータイプも。抹茶があるのは素敵だけど、でもやっぱりな高さ。

そもそも、韓国ブランドのNatuurも高すぎない…?

日本が安いのかなんなのか。

 

 

いつも気になる生理用品。

韓方のアイテムもあると聞いていて、一つくらい買って試してみたいなと思っているものの、ハングルが読めなさすぎて、手にとれない悲しみ…。

 

 

コンビニコーヒーは日本だと100円でそれなりにおいしい(らしい)ものが飲めますが、韓国ではどうなんでしょう?

コーヒー飲まないのであまりよくわからないけど…!

いっしょにお茶菓子を並べておくという、レジ横系のアイデアがなるほど。

 

 

ふと中庭に目をやったら、日本でも見るようなスタイルのお庭でした!

なんとも日本的というかアジア的というか。緑の季節ならよりきれいなんでしょうね。

 

 

カジノの入り口へいらっしゃい。

やたらホラーに感じる手のモチーフとは、ぜひ握手して写真をとってくださいな。

 

 

きらびやかな入り口。傘や大きな荷物を持っていたら預けます。

 

 

いよいよ両替タイム! お金落としてもらってなんぼのカジノなのでFXの次くらいの優秀レートです。

この時はほぼ100円=1000ウォンの時期で、あんまり安くなかった…。

だいたい100円=1050〜1100ウォンくらいになることが過去は多かったんですが、19年3月頃はやたら日本円が買われてましたね。

キャッシュレスな文化が進んでいる韓国ですが、市場などにいくこともあるので、5000円程度両替しておきました!

基本カード払い、足りなくなったらまた両替すればいいやのスタンス。

 

 

あれっ人がいない…ガラガラ! ソウルもそこそこでしたが、チェジュ島はカジノが大小数が多めということもあるからか、すいてました。

 

 

お水などはテイクフリーなので、状況によっていただいていくことも。

 

 

おおすごいカジノ感! …と思いますが、ここは外の撮影ブース。遠近法で、いかにもカジノにいるっぽい立体的な絵がとれます。笑

 

 

カジノを出たところで、作戦タイム兼休憩タイム!

いまや日本にも進出している、百味堂。ペクミダンと読むらしいです。

この間三軒茶屋を歩いていたら、そこにもありました!

最初台湾のソフトクリーム屋さんと混同していましたが、ここは韓国の有名チェーンだそうです。

 

 

牧場が運営しているらしく、牛乳も売ってます。

そして牛乳はオーガニック牛乳なのだとか。

あとから調べて知ったことですが、なんか良い気分!

 

 

店内はアーティスティック!

Wi-Fiとコンセントがあるという、さすがのネット大国気遣いです。

 

 

ネイルきれいにしてる先輩にもってもらって…オーソドックスなソフトクリーム!

みるくー! って感じの濃厚な味でおいしかったです。

 

 

休憩したら、街からホテルへ、違う道を使って戻ります!

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。