服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






アクティビティとシティを楽しむバンクーバー旅行@パシフィックセンターでショッピングこけら落とし

ドルに比べて対日本円が安いカナダドル。バンクーバーのあるブリティッシュコロンビアは正直消費税に当たるものが12%と結構高いのでファッションはお得じゃないのでは…とか思われますが、ヴィクシーなどアメリカ出身のブランドでも、ドル払いするより安いなんてことは全然あります。為替って恐ろしい。

 

バンクーバーにはショッピングスポットが超大量にあるわけではありませんが、ショッピング!! と目を血走らせることなくゆるゆると楽しめるスポットがいくつかあります。パシフィックセンターは街の中心にあるので必ずいくと思います。

 

 

グラマラスな感じのファッションブランド。いかにも北米という感じです。

 

 

ハワイからマレーシアまで、色んなところで見かけるaldo。渡航に当たって知ったのですが、カナダのブランドだったそうです。

チャールズアンドキース的な、靴やバッグのファストファッションブランドです。

 

 

配分的には靴の方が多い印象。チャールズアンドキースはバッグが目立ってた気がするので、そこは差かなと。

 

 

その反面、じゃらじゃら系のアクセはたくさん!

 

 

旅先で消耗しがちな靴下も。日本よりこういう短い靴下はおしゃれなのが安く手に入る気がする。

 

 

まだバンクーバーは寒いけど、夏を感じるボーダーバッグ。

 

 

ちょっとブランド忘れたけど…、

ダスティなピンクがまだ肌寒い春先にぴったり。

 

 

やたら花柄が派手。そして靴も赤い。かなりぱーりーな仕様です。

 

 

オフショルかっこいいよね…海外の。日本のこびた感じのオフショルはちょっと苦手なんですが、こういうのはとても綺麗にハマる気がする。

 

 

日本でもお馴染みバナリパ!

海外は若干品揃えが違いますが、日本で昔ビジネスライクな格好をしていた時はよく使ったけど、最近はあんまり食指が伸びるものもありません。

 

 

なぜなのか…どこもかしこも赤い…中国系の移民が関係あるのですかね?

 

 

海外ブランドといえば! のジェイクルー。クラブモナコと並んで、海外のモールで必ずチェックするブランド。

 

 

派手じゃなく落ち着いたトーン。比較的。

 

 

Tシャツデニムでもカッコいい女性にしてくれるブランド、というイメージです!

 

 

さて、これ以下はH&Mです!

どこの国に行ってもラインナップが好きすぎてよく見てます。水着とかもサイズごとに残ってるものとかが違ったりして、お国を感じて面白い。

H&Mは小物も可愛いですよね。値段も可愛いのでうっかりほしくなる。3ドルとか安すぎ! 日本ではこんなに羽振り良くない。

 

 

大量のサングラスもありますよ。個人的には度入りのサングラスが欲しいのでこういうところでは買えないけど、試着をするのは無限に楽しい。

 

 

バンクーバーでやたら安く感じたビーチグッズ。まだ全然寒いので、季節先取りすぎるくらいなはずなのに…笑。

ここでもすごめな花柄。

 

 

H&Mのエスカレーターの横。くっそおおおおしゃれかよ!

 

 

水着が華やかですね。

派手すぎて日本では無理な自信しかありません。

 

 

真ん中らへんに見える黒い仮面舞踏会マスク…なんで君はここにいるの? と全身全霊で問いたい。

 

 

レジ前のエコバッグ攻撃。3ドルやっす! マチもさほどないけど、デザインのかわいさで大体のことを許せる。

後日のブログに載せてますが、H&Mコンシャスのエコバッグを買いました。どの辺がコンシャスなのかはわからなかったけど、おしゃれだったから不問です。

欧米はショッピングバッグが有料なところが多いので、こういうちょっとしたバッグの需要が大きい様子。

 

 

レジ前で突然欲しくなる靴下。わかります。消耗するもんね。

結局H&Mでは、寒さに耐えかねて薄手のストールと、スポーツ靴下3点セットと、半寝巻き用途のボーダーカットソーとロゴエコバッグをお買い上げしたのでした。

 

 

モールの定番、フードコートもあるよ。今回の旅では使わなかったけど、やはりひとり旅の強い味方な存在ですよね。

 

 

夕方ごろなのであまり人いない。…ん? 土曜なんだけどな。

広くて、いわゆるエスニックとかが豊富な感じです。カナダはタイ料理とかベトナム料理が想像以上に多い。カナダ料理然としたものが少ないせいか、やたら多国籍な感じになっちゃってるのが逆にカナダらしい。

 

 

ちなみにカナダ渡航目的の大いなる一つ、ルルレモンもこのモールに入っています。

比較的近くのロブソンストリートにも路面店的な店はあるのですが、正直観光客が多すぎて混んでるし、日本人が着れるようなサイズは特に少ないですね。わたしはファーストルルレモンだったこともあり、ゆっくり選びたかったので最終的にこのお店の方で買いました。

一朝一夕に決められないのはわかっていたので、活動日のほぼ初日から下見するという気合いぶり。

 

 

はーなんかもうお店の空気スーハーするだけでいい気分。日本だと全然お店がなくて、かつ身近な立地じゃないので、なんかもうルルレモンにいるんだと思うだけで存分に良い気分です。

 

 

背中の下半分ぐらいがカットオフされてるタイプのパーカー。いかにも海外って感じで感動。

 

 

ルルレモンは色気なく話すとスポーツウエアのブランドなんですが、トップスボトムスのほかにスポーツブラ、バッグ、スポーツの時に髪をまとめるゴムやバンド、ラインレスなショーツからヨガマットまで、ちょっとした総合スポーツショップかと思うほど!

でもはるかにそれよりおしゃれ。

 

 

ライトエクササイズやヨガに適したブラトップも。ハード派なので買ってないけど、バイマとかの評判はよいです。

シュシュとかあるのがなんかもう好き。

 

 

Tバックあるよ!!!

ふつうに一枚2000円くらいの高価なTバック。

一度くらいお試ししてみたい…。

 

 

マネキンに出るシルエットもとてもきれいで、色も多くていい感じです。

 

 

ちなみにボトムスは腿の上くらいの長さのショーティーもあります。

水系のヨガやマリンアクティビティに使っている人が多いです。

色がすごいのは中国系の人たちが好きな色で狙ってるのかな…。

セール品でこのくらいの値段。ただサイズは全然ありません。

 

 

また改めて紹介しますが…ルルレモンは奥のスパッツが並んでいるコーナーがなかなか秀逸なので是非身に行って下さいね。

デザインだけじゃなく色々なスタイルがあるので好みにあうのがあるはず。死ぬほど試着して決めるが吉です。

 

 

ちなみにルルレモンでも最もちゃんとしたサポートのブラはエナジーブラというタイプがいいようです。背中側のベルトが太ければ太いほどハイサポートな様です。その辺は普通の下着とも通ずるものがありますね。

実際にエナジーブラは買って使ってみましたが、ライトに装用できるのに割としっかり。パッドがあるわけじゃないけど、守られている感は結構ありますね。

飛行機に乗る時の着用もいいなと思いました。渡航の帰り道それにしてすごく楽だったので!

 

 

バンクーバーの人が自転車のサドル下にボトルホルダーをつけていることを多分に見るのですが、それに対応してる感じのウォーターボトル。街中で実際にこれで水を飲んでいる人をよく見かけました。

 

 

パシフィックセンター面白い。

ダウンタウンに行ったら一回は必ず寄る事になると思いますね。カナダだなーっていうファッションブランドがあって面白いので是非お散歩してみて下さい。

 

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。