服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






ド弾丸シドニー旅行@オージーのルーツ、ロックスでマーケット2つをハシゴ!

旅程二日目が土曜日で、よっしゃマーケットに行くぞ! ということで旅程を立てました。

ハワイで10日もいたのに、タイミングがいろいろと合わなくて、結局マーケットにひとつも行けなかったんですよ。それがすごく悔しくて、オーストラリアでは行けるだけ行く! って決めてたんですよね。

その甲斐あって、有名なマーケットであるロックス、グリーブには行けたんです! この記事ではひとまずロックスを紹介します。パディントンは一番おしゃれそうだったので興味あったのですが、土曜日にはちょっといけませんでした…。

が、ハワイにあったような「ファーマーズマーケット」に行きたいと思っていたわたしにはちょっと…違うかな!? と思っちゃいました。でもこれはこれで好き。まあ詳しくは下記をご覧ください。

 

 

ロックスというのはオーストラリアに初めて入植が行われた歴史的な場所。シドニーは全体的にヴィクトリア朝のクラシックな町並みが残っていて、そのへんの町並みでも結構きれいです。金融街なんかは近代的でニューヨークや丸の内みたいですけど、古い建物は海外だなあ! って感じがします。

ロックスは、いわゆる旧市街?的な場所だと思うのですが、超近代建築のシドニーオペラハウスの、湾挟んで向かい側にあるんですよね。歩いて行ける距離にこんな新しいものと古いものが一緒にあるなんて、コンパクトシティですね。わたしはコンパクトシティのほうが割と好きです!

 

 

レンガ造りの建物が並び、商店とか、カフェとかが立ち並び、とっても優雅な雰囲気。街の各所に、ここはどういう場所なんだよーという説明がところどころにありますね。写真撮ったけど、枚数多すぎてカット。すいませーん!

 

 

この辺にはホテルもいくつかありますよ。ホリデーインとか。どれもかわいらしい見た目で、時間があったらロビーにちらっとはいってみたかったなあ。

 

 

ここは入植の地のモニュメント。ファーストインプレッションといいます。3面くらいあって、足にくさりをつながれたような男の人の面とかもあります。もともとオーストラリアは囚人が開拓をした地なので、その囚人なんですかね。

 

 

ちなみにロックスで2つのマーケット、といいましたが、常設のマーケットはロックスマーケット1つだけです。エクストラで…スイーツマーケットが開催されていました。

途中まで気づかなくて、なんでロックスのマーケットってこんなやたらあまったるいんだ? と思っていましたが、別のようでした笑。

 

 

ロックスの常設マーケットは南北に走っているのですが、このショコラのマーケットは東西に走っていました。写真ではわからないけど笑。

いわゆる海外! って感じの小麦と砂糖の食べ物は、不思議と最近たべたくならないんですよねー。フルーツは延々とむしゃむしゃいけちゃうんですけど笑。オーストラリアのフルーツは安くて大量でほんといいなあー。過去パースに行ったときも、すごくフルーティーな日々(?)が送れたのをすごく幸せに思っていました。

 

 

実際に持っているものは取れなかったのですが、チョコファウンテンと、噴火している火山みたいなどでかいパフェのお店。食べてる人いましたけど…いやーこれはインスタ映えという理由だけでは食べるの不可能wwwって思いました。

 

 

ちなみにこの前日の夜、フィリップスフート(Phillip's Foote)というセルフBBQのお店に行ったんですが、なぜか出店していて爆笑。デザートなんてフルーツしかなかったんのにどうしちゃったの? っていう。

 

 

結局なにを売ってるのかわかりませんでしたが、spiced chocolate marinated sirloin steak roll...とかなんかおそろしいたべものな気しかしないのですがw

 

 

結構屋台であったのが、ディップのついた果物とか。これもはやなんだかわかりませんけど…パン的なもの?

 

 

こちらはクレープ屋さん。日本では街歩きスイーツに欠かせない食べ物ですが、海外にはあんまりないですよね。ここはなんかすごく焼くのに時間かかっていました。食べたかったけど、時間がないのに並んでいたのでパスしました。

 

 

ファンシーなペストリー! ニューヨークのときはよく覚えていませんが、ハワイはパンよりお米(特に玄米)が主食という文化でした。オーストラリアにきてびっくり、ほぼパン食なんですね。特にいかにも体に悪そうw な見た目のペストリーが多いです。最近は筋トレして食欲が正常な状態なのか、ペストリー食べたいとはちっとも思わないのですよね。だから目だけでいただいて、ごちそうさまでーす!

 

 

で、やっと本丸のロックスマーケットに到着! こちらはシドニーオペラハウスのようなとんがった屋根のテント。

 

それで…シドニーにいくつかあるマーケットというのは、日本でいう「フリーマーケット」って感じなんです。ハワイにあるようなファーマーズマーケットではないですね。食べ物よりも、雑貨アイテムがメインになっています。

食べ物もないわけじゃないけど、それを期待するとうーん? となるかもしれません。

それでも雑貨屋さんが大好きなわたしは、ちょっと違った方向性で楽しませていただきました!

 

 

ワインホルダーのオンリーショップ。シドニーの近郊には有名なワイナリーがあって、それ用ですかね。わたしはノンアルコールピープルなので、あんまりご用はなかったですが。

 

 

アロマキャンドルショップ! ほかにもいくつかありました。ハワイ、オーストラリアともに自然が豊かだったからか、ハンドメイドの石鹸やキャンドルみたいなアイテムはいくらかありますよね。お土産屋さんでもよく見かける。

 

 

こちらはマッサージオイル。筋肉痛を和らげるというオイルや、カサカサかかとにいいようなオイルがあるらしいですね。キャンドルもあるから、もしかしたらそのキャンドルを溶かして、塗るようなタイプかもですね。

 

 

海外で必ずチェックする変わり種ハーブティー! オーストラリアにいく前の月、ハワイのティーバナで大量に買い込んでしまったため、流石に自重しましたけども。あとちょっと高い。

海外のティーショップはフルーティーなフレーバーがあって、カロリーがないのに甘いベリーティーもあるので、口さみしいときにとても頼りにしてます。ティーバナはキャリーオーバーしてる砂糖があるので、うまい話には裏があるんだなあ…と思いますけど。

 

 

こちらはオリジナルのグラノーラショップ。黒板見づらいんですけど、12.50ドルって高くないですか? 袋がそんなにおおきいんですかね?

海外滞在の際はグラノーラは必需品ですね! 飽きないように気を付けないといけませんけど、こういうホールグレインタイプなら繊維が取れて、牛乳か豆乳をかければタンパク質もフォロー可能。海外生活してみて、ちょうどいいなーって思いました。まあたった10日だけどね!!

 

 

こちらはコーン屋さん。いろいろ見たけど、基本的には雑貨とか、あとはウールストールのお店とか、服屋さんとか、雑貨・コスメが中心でした。コーンはこの後ろで焼いてくれてて、夏っぽくがっつりかじるのもいいかなと思いました。

あ、現地冬だったわ。

 

なんか全然ロックス伝わらん! やっぱり写真では限界…動画の時代なのか。

 

ところでオージーファッションおまけ。

8月の午前中、オージー的に言うと冬。なのにみんな…なんでそんな半袖なの!?

こちらデニム上下とニットでも寒いのに!

 

 

ところでオージーのお姉さんたちこういう人が多かったです。

 

 

スポーティーなタイツとスニーカー。もっと写真撮りたかったのですが、こういうお姉さん方がすごく多かったんですよね。オージーはもしかしてアスレジャーの先端を走ってるのか!? と思ったのですが…

この翌日の日曜日、8月13日がシドニーマラソンの日だったということが、ブルーマウンテンツアーガイドのお兄さんに聞いて判明。はあああなるほどー! 練習してたんですね! 

 

アーティスティックなお外おまけ。

 

 

芝生ベンチ! なんか町中現代美術館みたい。

 

前日に行った動物園はちょっと割愛しますが、前代未聞のセルフBBQレストランや、同じ日の午後に訪れたニュータウン、グリーブマーケットの話などはちゃんと書いていこうと思います。ああ…ハワイのこともたくさんあるのにw とにかくがんばってきびきびやっていきますね!

 

 

 

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。