服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






ベトナム航空でダナン旅行@世界遺産の古都・ホイアン昼編。ローカルとトラディショナルの全部のせな街を歩く

ダナン旅行の目玉コンテンツといえば、世界遺産の古都ホイアンへのショートトリップ!

ダナンにあるホテルからはシャトルが出ているところも多いですし、タクシーを捕まえて行ってもいいと思います。車で1時間ほど南に走ったところにあります。

フュージョンスイーツからは、昼ごろホテル発、夜20時ごろにホイアン発のバスが出ていて、15万ドンで、往復ができます。このくらいの値段だったら、タクシーやウーバーよりも全然安いと思います。

一日フリーなどで余裕があるようなら、こういうバスの時間に合わせた方がお得です。

 

 

ホテル街を抜けると、ホイアンまでは結構何にもない、ローカルな道が続きます。

こんなところで生活してるんだあ…と驚くような光景も少々。

観光地はごくごく限られた見え方なんだなあというのを痛感。

近々行った東南アジアが、タイ、マレーシアは首都に行って、ベトナムダナンは第三の都市というのもありますが、まだまだこれからの街、ということですね。

 

 

さて、ここからは早速ホイアンの街の中です。

すごく地元っぽいというか、いい感じにローカルな街並みです。病院の近くでバスを降ろされ、各自市街に向かいます。

一番最初に見つけたのがコーヒーショップ。

これを目印に町歩き開始。時間にして15時ごろですね。

 

 

歩いてると行列に遭遇。ガイドブックにベトナムの名店を見つけるには、店先の行列とバイクの量を見よ!と言いますが、まさにその通りの店。

ガイドブックで調べると、バインミーの名店、バインミー・フーンというお店だそうな。

バインミーはベトナムのソウルフード。日本でいうおにぎりとか牛丼のような、安い早い美味い系の食べ物。

ちょっと立ち食いは怖い土地柄だけど(実際帰国後からまだお腹の具合がよくない)、焼きたてバインミーを食べてみたかったな…!

 

 

ちらほらランタンが見えますね。街の中心街からは外れた部分ですが、商店、飲食店なんかがちらほら見えてきてます。

 

 

街の風景。

干し野菜しているところを結構見かけたんですが、色々衛生的に不安な光景…。

 

 

写真的には街の風景に迫っていきます。

ベトナムは固有の文字が街中にはなく、アルファベットのみ。

フランス統治時代に入ってきたアルファベットの方が簡易で、そっちに乗り替わるような流れになったようです。

東南アジアの文字は何かと読みづらいことが多いので、アルファベット表記は心理的にありがたいですよね…。なんて書いてあるかはわかりませんが。

ちなみにこれはコム・ガーですね。書いてありますが、ベトナム風チキンライスです。

 

 

韓国人が非常に多いですが、観光客の姿も目立ちます。そんな観光客の人たちが被っているような傘帽子も売られています。観光客でも被ってる人が結構いました。アオザイ着てる人の次くらいにいた笑。

 

 

ウエディングドレスのお店とかある。礼装の服はここに限らず、結構多かったんですよね。

 

 

フォーマルショップ。女性のロングドレスも、男性のスーツもあるという守備範囲広めなお店。

 

 

ランタンが増えてくると、だいぶメインストリートに近づいてきました。

メインストリートには服屋さん、お土産屋さん、そしてカフェが並んでいます。

思った以上にカフェ文化が進んでいて、結構いっぱいあるんですよね。それこそ行ききれないくらい。胃が3個ぐらいあったらローテーションで使えるのになー…。

 

 

この時は行けませんでしたが、ティーカフェもいくつかあるようです。reaching out という名前のこのお店、お茶とお菓子が美味しいお店だそうなんですが、それだけでなく。

耳の聞こえない方が給仕をしてくれるそうで、心優しい気持ちになれるカフェなのだとか。次回は絶対に行こう…!

 

 

川岸にはなにやらこんな装飾が。

ベトナムは言語など中国から影響を受けた部分も多いというので、この辺はその影響なんですかね。

 

 

川を南側に渡ると小島があり、そちらに飲食店や、夜になるとナイトマーケットが出ます。

 

 

川の写真を頑張るチャレンジ。

3時台なのですがヘビーに曇ってまして、汚い川にしか見えない…是非はわかりませんが。

 

 

晴れていたら綺麗に青が出るんだろうなーという夢想。

橋の上は常に人がいるので、人がいないかつ、柱が写り込まない場所を確保するのはなかなか大変です。

それでも、昼間より混雑状況はマシですが。

 

 

小島の中は、リバーサイドビューのちょっと高い飲食店などが並びます。

 

 

ナイトマーケットになるともっと増えますが、屋台も多いです。客引きが相変わらずすごい。ライスペーパーピザってなんだろう…。

 

 

なにやらクッキングスクールがあり、そこは料理教室もありつつ、フードコートもあるのだとか。ヴィーズマーケットレストランというのだそうな。

ガイドブックでここにベトナムプリン、バインフランがあると聞いていて立ち寄りたかったのですが、昼下がりだからかあまりに人がいなく…。

なんか近寄るのが怖いということで行かず。

そもそも、ガイドブックに載っているほどだからわかりやすいのかと思いきや、このレストラン自体はかなーりわかりづらいので、行きたい人気をつけてくださいませ。

ここに限らず、ベトナム料理のクッキングスクールはダナンで多少見かける気がします。よく考えたら世界三大料理のフランス料理、中華料理からそれぞれ影響を受けた稀有な食文化なわけですから、勉強してみたくもなりますよね。

 

 

結局、ヴィーズの近くにあったマンゴーマンゴーというレストランへ! 昼にしては暗いけど、ネオな感じの雰囲気は良い意味でホイアンらしくなく、おしゃれなレストランです。

 

 

食事はややハイソな感じで、フュージョン気味なベトナム料理です。

最初に芋チップス的なものがお通しに。

このあとも何箇所かで芋チップス食べましたが、結構美味しいんですよね。最終的にお土産にも買ったほど。

 

 

入り口近くで風ごうごうで寒かったこともあり、まずは中国茶をオーダー。中国茶器で飲む中国茶が無性に好きなわたし。

 

 

メニューが全部英語で写真がない、おしゃれレストラン式なので熟考してオーダー。

揚げ春巻きとスイートチリソース。

 

 

豆腐というか厚揚げがドカンと載っているサラダ。およそサラダというか、おかずな感じのゴツさですが…。

 

 

最後にはメインディッシュで麺的なもの。

汁なしで恐らく米麺なんですが、パスタ風にあえてあって見た目にもおいしいですね。

 

 

ここまで二人で食べて、だいたい約3000円ずつくらいしたでしょうか。ベトナムでってことを考えるとかなりの物価。

リバーサイドということでホイアンの観光一等地にあってということですから、わからなくもないけど、完全に観光客値段だなと思いました。

ローカルなものの見聞きが好き! というのであれば、特別ここでなくてもいいかも? 

川を北側に渡ると、文化遺産として有名な来遠橋、通称日本橋があります。

立ち入りは有料で、チケット制。チケットを買うと、この橋の他、富豪の屋敷など様々な遺産を見て回れます。

夜になるともう少しライトアップされますよ!

 

 

ふと見つけたジョルダーノ。突然こんなところに香港ブランドが…と驚く。

ジョルダーノは日本以外のアジアでは本当によく見ます。

このスーパーローカルな街並みの中にはさすがに、物珍しく感じましたけど笑!

 

 

こちらはかの有名なホイアンロースタリー。

ホイアンに3店舗あるということで、たしかに歩ける範囲内に何店舗か見かけます。

基本的にはオープンなカフェになっていますが、スタバのようなセルフ式ではなく、席で注文するスタイルです。

 

 

暑い国らしく、アイスなどのショーケースが。

もちろんコーヒーショップなのですが、甘味を忘れない感じなのがいろんな人に適用される感じがあってよいですね。

 

 

席はゆったりできる座席。Wi-Fiは飛んできておしゃれな雰囲気ですが、パソコンとかスマホを一人でするというよりは、一緒にいる人としっとりコーヒー飲むというような、日本でいう喫茶店に近いような光景。

有名店だけあり汚すぎず、トイレとかも比較的しっかりしてるので、ホイアンに来たら多くの人がお世話になるんじゃないでしょうか。

 

 

友人はカフェラテ、わたしはココアを注文。風が強くてとにかく肌寒かったので、あったかい飲み物は身にしみますね。

 

 

ちなみに値段は、日本円にして600円前後だったかな。ベトナムの相場観を考えると完全にハイコスト、観光客向けなのが明らかにわかる金額感です。

それでも、このおしゃれな空気感はオススメなので、個人的には推したいですね!

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。