服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

埼玉出身・ハワイ州ホノルル在住。コスメ・ファッションオタクを経て、海外旅行オタクになり、ついに海外移住。多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝
住んでいるハワイのことのほか、以前にした海外旅行ブログを遅筆連載中






済州観光公社様プレゼンツチェジュ島旅行@チェジュ島三大瀑布、天地淵瀑布にいってきた!

シリウスホテル1泊目の朝。

ホテル朝食というのは、旅の中でも楽しみな瞬間のひとつ!

バランス取れるし、ローカルもほどよく楽しめて、好き!

サラダ系はさらりと。

 

 

ホットミール。アメリカンブレックファストのフライトか、ウインナーとか。

韓国だからか、ちょっとした点心も蒸し器に用意されてます!

もちろん本場中華圏ほどではないものの、アジアフードが食べられるのはうれしい。

 

 

体温をあげたい朝に嬉しいスープ。

 

 

辛そうなホットミールの後ろに、突然フルーツ笑。

フルーツがあんまり安く感じない日本に暮らしていると、フルーツが食べたいだけ食べられるホテル朝食は嬉しいです。

 

 

韓国なので…韓国のりも当然セット!

コチュジャン、韓国のりはどこに行ってもセットですね。

 

 

清潔なドリンクサーバー。

お茶はセレクションそんなに多くなかったですが、緑茶があったのでそれを飲みました。

 

 

結局この日はだいぶ軽めに。このあとフルーツも食べました。

 

 

2泊3日の2日目の日程ですので、この日は1日観光に使える唯一の日!

翌日の帰りも夜便なのでゆっくりではあるんですが、やはりお尻の時間帯は意識しますし。

この日は多少時間がかかっても問題ない、済州島南側の観光にバスで出発!

タクシーで済州バスターミナルに行き、そこからタクシーに乗ります。

 

 

乗るバスについてはネットを駆使していく前も、その場でもかなり調べ倒しましたが、バス番号は番号の識別を覚えておいて、それに間違えなく乗る! と思っておけば大丈夫です。

電光掲示板で一応、案内は出るのですが、韓国語と日本語の間で、漢字のあるなし、発音の微妙な差などで、結局日本語をみてもわけわからないことも多かったりします。英語にしてみたりして、音の感じをみたりとか笑。それでも韓国語発音が想像できないと、意味不明です。

地元のおじさんらしき人が教えてくれようとしたのか、話しかけてくれたのですが、ハングルで話しかけられても全然わからず、お互いにうーんって感じになってしまったので、頼れるものはネット! ですね。

市販されている済州島の情報誌は15年とか17年とかのちょい古のものですので、17年に結構システムが変わったというバスの情報は古いかもしれないので、ネットとうまく併用するのがおすすめです。

わたしは済州観光公社さんから送られてきた地図とか、GLITTERの別冊の案内をガン見してました笑。

Googlemapが使えない分、ちょっと観光の仕方に工夫が必要です、韓国。

 

 

 

やっと目的のバスに乗車! 島の反対側まで行くと2時間とかかかるので、山道をいく長距離バスになるからか、観光バス風の作りに。広いので目的地に着くまではリラックスできます。

案内をよく聞いておりましょう!

この時は、中央ターミナルという島南側のバスターミナルで降りて、タクシーで目的地の天地淵瀑布に行きました。

 

 

料金表は少々ルールあるみたいなのですが、2000-3000ウォンでいけます。反対側にいくにはだいたい3000ウォン。

この値段で長距離載せてくれるのはありがたいことですね。

もっとうまく活用できてたら、済州島旅行でかなり便利な相棒になりそう…!

ちなみにソウルでも使えるTmoneyカードが支払いに使えます。現金もOKですが、やはり電子マネーカードが便利。…なんですが、わたしはなぜかこの日に限って、ソウル旅行から温存しておいたカードを落としてなくすという。ほとんど中身は入ってなかったですけど、デポジットが…笑。

 

 

中央ロータリーに到着。ここまでで済州バスターミナルから1時間ほど。

滝にいくのにあんまり天気よくない…笑。

 

 

向かうは天地淵瀑布。英語にするとCheonjiyeon Waterfallsです。

韓国語の発音だと、チョンジョンボッポ、みたいな感じです。カタカナ表記は諸説ありますが笑。

冬の韓国、色合いはそうでもないですが、緑が多くて安らぐ雰囲気。

韓国人の家族連れの人が結構多かったです。

 

 

入場料を払う前のお堀? 川?には鯉を発見!

なんか日本庭園みたい笑。

 

 

入園料の手前ゾーンには、土産物屋さんが。

みかんジュースとかも売ってます笑。

 

 

入場料2000ウォンを払ったら中へ。

滝に至るまでは少し歩きます。

 

 

天地淵瀑布は龍が訪れたという伝説が残る場所。

龍のありがたいオブジェがあります。この珠に触れるとご利益があるかも!? な感じだそうです。

 

 

龍の伝説とは、ちょっと中国的な印象を受けますが、アジア圏ではドラゴンは伝説としてしっかり根付いているようですね。

龍と、龍に助けられた女性の伝説が残っているようです。

 

 

いよいよ滝の近くへ。

冬だからなあという残念感はややありつつも、日本の自然美と近い感覚のお庭。

今度はもっと綺麗な季節にきてみたい…!

 

 

ちょっと人が多い! のですが、滝と清浄な雰囲気の池、厳かな気持ちになります。

雨だからというのと、写真でちゃんと表現仕切れない感があるのですが、肉眼でみるともっと青くて、心が静かになるような場所です。

といっても人が多いので、あんまりゆっくりもしてられないのが残念ですが笑。

 

 

中国系の人もいたのかな?

天気が悪いくらいが人手具合においてはちょうどいいのかも。

 

 

色々と方式を変えて撮ってみる笑。

悲しいかな、肉眼で見た自然の美しさを写真に切り取るのは、人工物よりはるかに大変と思い知らされる今日この頃。

 

 

30分くらい滞在して外へ。

近くには漁船? なのか、ちょっとしたマリーナがありました。

にしても、だいぶ生活のある感じですが笑。

 

 

小腹がすいたので、近くをちょっとお散歩します!

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。