服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






波乱とリラックスのプーケット旅行@エアアジアでプーケット国際空港へ到着! AISの激安高速SIMを仕入れて早速GRABTAXI

いよいよプーケットへ飛びます! 相変わらずKLIA2は広くて、Airasia機がずだーっと並ぶターミナルは見ていてたのしい。

 

 

マレーシアのクアラルンプールからタイのプーケットなので、飛行時間的には1時間半くらいなのですが、時差は1時間増えるんです。

クアラルンプールは日本より-1時間、プーケットは日本より-2時間なのです。

一応国際線ですがあんまり国際線って感じはしてなくて、3-3の国内線みたいなレイアウト。

 

 

各社の飛行機グッズを見るのが実は結構好き。

45マレーシアリンギットは相場にもよりますが、日本円だと1200円ちょっとです。

 

 

インフィニティロゴが結構かわいい。

マレーシアの免税品って安いイメージはあんまりありませんが…。

 

 

なぜか就航国各国の言葉で「二機の飛行機」って書かれている謎のTシャツ。

よくかんがえたら「二つ」じゃなくて「二機」ってちゃんと書いているところすごいな。

 

 

エアプレーンミニモデル。韓国にはボディにハングルが書かれたモデルが存在するのか…。いや、日本語で同じことはしてほしくないかもな。

 

 

寝る間もないあっという間のフライトにて…いよいよプーケット!!

海の美しさがすごい。沖縄もきれいだなと思ったけど、サンゴ礁もくっきり見えて緑も豊か。これはいい。すでに大感動です。

 

 

到着後、早速「SPORTS」と書かれたキングパワー免税店に捕まるショッパホリックはわたしです。

自分自身たくさん持ってるわけじゃないのですが、とにかく水着が好きで、見ずにはいられない症候群が出てしまうんですよね。

 

 

やたらピンキッシュなのが気になる笑。

ハワイアナスがありますね。

 

 

プーケットのモール等でも見かけたANNBRA。バンコクにももちろんあります、タイの有名下着ブランドです。センシュアルな水着ラインが個人的にすごくツボで、インスタもフォローしているほど。

空港でその美しさを体感したので、お店にも絶対行くぞと内心誓う。

 

 

サイズとか色々はともかく…柄がとにかく鮮やか。めっちゃかわいくないですかー!!!

 

 

ひんぬーすぎて三角ビキニはちょっとしんどいのですが、それに合わせるボトムが結構かわいい。日本のブランドではこういう発想はないきがします。

 

 

パレオみたいなものも美麗。同じ店で売ってるガラガラの水着とはちょっと相性が悪そうだけど…シンプルの差し色にするにはばっちりですね。

 

 

 

ちなみにこちらのオーシャンパックは、完全防水の袋らしく、おなじか偽物かわからないけどプーケットでは結構いろんな場所に売られています。

ビーチにものを放置して遊びにいけないという…そういうことかな…!?

 

 

結構がっつり時間のかかるイミグレーションを抜け、いよいよ入国!

タイは本当に入るのにいつも時間かかる。

空港についてまず最初にすることは、電波の確保! これないとやっていけません。

元々はエアアジア便で買えるであろうエアアジアのタイSIMを期待していたのですが、タイ直行便じゃないと販売してないんですかね、残念ながら買えなかったので、結局いつもお世話になっているAIS回線を買うことに!

国際ローミングSIMとしてバンクーバー・シアトルでもお世話になりました。

 

 

旅行者SIMはかなりいろんなオプションがあるのですが、電話はいらないのでデータ通信のみでOK。

 

 

価格レンジはそれぞれだと思いますが、だいたいどのくらいかというとこのくらい。

7日間有効で10GBつかえて149バーツ! やっす!

500円ちょっとです。テザリングもできるので、人と一緒に使うのもOKだし。

個人的には誰と旅行するときでも別行動しやすくするために、あんまり電波はシェアしない派ですが笑。

こんな価格設定を味わってしまうと、もう海外Wi-Fiレンタルには戻れませんね。

 

 

ちなみにもっと爆安オプションで3日間3GB、99バーツというオプションもありましたが、3泊するスケジュールなのでこれにはせず。大事をとって10GBの方にしてます。

3GB使い切ることはまずないにしても、結構地図やGRABが生命線だったりするので、人と一緒にいるときほど普段より多めのプランを契約しているかも。

 

 

SIMのアクティベート後、早速使ってGRABTAXI召喚! …が、待ち合わせ場所がちょっと遠くて把握するのに時間がかかりました。

自分のタクシーに乗れよ! GRABは使えないよ! とか英語で絡んでくる現地のタクシードライバーをくぐりぬけ、なんとかグラブに乗車。運転手の人は若干英語が喋れて優しかった。

 

 

宿はメインのパトンビーチよりさらに奥のカタビーチの近く。1時間はかかりますが、GRABのおかげで快適でした。他のタクシーだったらどうなのか想像つかない…。

そもそもタイバーツの現金持ってなかったし笑。

 

空港ではライドシェアの規制がされているところも多いので、そういう事情を調べるためにも事前の空港事情確認は必須ですね。

個人的にはライドシェアが使えるということは、その先に紐づいているカードで会計ができるということと、行き先を言語関係なくバッチリ指定できるという意味合いがかなり大きいです。

カード払いができれば、現地でもっともレートの悪い両替を空港でしなくて済むし(ATMでキャッシングとかすれば別ですけど)、行き先は通じない場合が本当に地獄を見るので…。

旅しやすくさせてくれているテクノロジーに感謝です。次はホテルにいきます!

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。