服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






ディープにローカルと行くバンコク旅行@チャトゥチャックウィークエンドマーケットは何度でも来たい場所

バンコクに来たら絶対外せないとおもっているアジアンカオス、チャトゥチャックウィークエンドマーケット。

初めてでも何度目でも、新しい発見があって絶対楽しいと思います。 タイ友人とご両親とはここで解散し、オージー友人と二人で行動します。 わたしも一年前にきた記憶はほどほどな感じなので…基本的にフレッシュな気持ちで楽しみます!

前回は電車できましたが、今回はアムパワー経由で車できました。

車はチャトゥチャックの隣にある、それなりにごしゃっとしたJJモールという場所に駐車して、マーケットに繰り出します。

JJモールはローカル向きなんですかね? 週末しかやっていなくてもウィークエンドマーケットは観光客もいるし、常に賑わっている印象。

 

前は地下鉄駅からだったけど今回は西側から行ったので、なんかもう違う風景。

切り取るところによってまったく違う見た目になるのがすごいなあ。

 

 

なぜか動物ゾーンからスタート。

とりさん。

 

 

 

 

ねこさま。

オージー友人メロメロにつき。

 

 

ペットショップとはほど遠いくらいの、いかついアニマルエリア…。

 

 

きんぎょさん。ゴールドフィッシュ。

値段はわからないものの、日本の金魚すくいに出てくるワキンより、もっとずっと観賞魚っぽい金魚でした。なんていうのかは忘れました…。

 

 

あやしげなエリアをぬけて、いわゆるポピュラーな商業ゾーンへ。

 

 

抜けていく間にもなかなかいろんなお店がありますね。

まったく本物感のない笑、リュックショップ。

 

 

昆虫見本と食べ物ライクな石鹸。

タイではほんとそこら中に、こういうファンシーソープが売っていますが、ちゃんと安いのはやはりチャトゥチャックマーケットです。ひるまずに価格交渉すれば、たくさん買うほど安く帰る! 意外と重たいので、個人的にはより石鹸好きな方におすすめ。

むしの標本は…リアルなので得意な人にね!!

 

 

一部パクリの心配になるアニマルリュック。

 

 

バブーシュ? スリッポンか。

民族感のある靴屋さん。

 

 

やっと商店街を抜け、メイン通りへ。

相変わらず人が多いです。

 

 

オージー友人の希望で、マンゴースティッキーライスを道端でいただき!

個人的にはちょっと怖かったけど、チャレンジしてみてよかった。

 

 

カムニャオ・マムアン、マンゴースティッキーライスは本当、永遠に食べていられる。大好き。

マンゴーと色つきもち米が見た目にもきれいだし!

 

 

地下鉄駅に一番近いところにあるのは、アパレルショップが多い印象です。

基本的には値札がないのですが、よっぽど大きなお店なんかは値札があるところも増えてきました!

試着はできないことも多いですが、こういう場所で買うか、もしくはプラチナムで買うのが安いんですよね。300バーツとかだったら1000円前後くらいなんで、激安すぎて意味不明。

正直なんとなく! 見た目が可愛かったから! で買っても全く問題ありません。

その分耐久性は高くないので、バランスは自分で決める感じですかね。

ちなみにわたしは、見た目はすごく好きなものが多いんですが、一時的にしか使わないものは買わない! というルールに乗っ取り、買ってはいないです。

 

 

タイパンツ屋さん。巻き方がちょい特殊ですが、一回教えてもらえば大丈夫です。

これも日本円で1000円弱くらいで買えます。

 

 

そもそも、3枚540バーツ、一枚500円くらいってなんやねん!! っていう。

マーケットはこういうボリュームディスカウントが多いですね。

タイパンツ以外にもスカートとかもあった気がします。

 

 

1枚200バーツ、約700円も高く見えるけど日本のそうばからしたら随分安い。

トップスも若干ありますね。

ちなみに、タイでは服やコスメは、モールでは普通に結構高いというか日本と変わらなく感じます。

一方、マーケットのこういうところで売られているものは安いのですよね。

 

 

そして街をぷらぷら。

 

 

お茶マニアの目が釘付けになるティーショップもあります!

スーパーで買うのもいいですが、安くてローカルライクなものが手に入るのはやはりこういうマーケット。

タイっぽいもの狙い撃ちでいきます!

 

 

タイティーといえば、レモングラス、パンダンリーフ、バタフライピー。というのがわたしのイメージです。

日本の原宿にも進出してきたタイティーのお店とかもありますが、ポピュラーなタイティーはミルクと一緒にしたアイスラテ的なもの、というイメージ。まあ暑いですからね!

わたしは基本的にホットを淹れて飲むのが好きなので、タイハーブティーを行くたびに買っております!

今回はこちらでPandanusとRoselleというのを買ってみました。Roselleってなんだろうと思ったら、ハイビスカスの仲間のようです。ローゼル。

…まだ飲んでないことを思い出しました!

 

 

買って帰って女性同僚に人気だったドライマンゴー!

しっかりパックされたスーパーのものも良いですが、ここには砂糖不使用のものがありました! 実際砂糖使用のタイプより優しい甘さで、こっちの方が好きでした。

確か、写真では50バーツのような。

スーパーだと60バーツちょいくらいですので、値段交渉とかしなくても全然良い方。

 

 

この流れで、ファンシーソープのお店の写真をだす笑。

こういうソープショップは交渉必須!

複数買うと安くしてくれやすいです!

 

 

子供とか、気をつけないと口に入れちゃう子も多そう…!

香りも結構しっかりなので、服と一緒に引き出しに入れておくとかいうのも良さそう!

古風な発想かな笑。

 

 

いかにも距離感の近いマーケット。

 

 

リュックは常に良いものを探してるので、明らかにパチモンを売っているお店でも結構気になってしまいます…。

 

 

こちらもソープショップ!

…ではなく、果物レプリカショップです笑。

完全に石鹸の流れでそういうことするんですね笑。

 

 

タイパンツとワンピがひたすら売られている露店。

ちなみにずっとマーケットを巡ってると、同じ柄に3、4回は遭遇します。

 

 

…ん?  と思わず二度見するパンツショップ。

なんかもう少しないの…恥じらいとかさ!

 

 

これ彼にいいかもー! とオージー友人が言ってたタイっぽいTシャツ。

ボーイフレンドにTシャツお土産って、確かになるほどー!

後日一緒に旅行してた既婚女子も同じように買っていたことを思い出しました。

 

 

わたしは結局ネイビーが好きなので、ネイビーの象柄とかには結局目を止めてしまうんですよねえ。

 

 

当たり前ですがタイはヨーロッパに日本より近いので、ヨーロッパの人も結構多いです。白人系の人を見かけたら、オーストラリア人かヨーロッパ系というイメージ。

そういう白人系の方々は、とっても細いストリングのキャミをよくきてるので、結構そういうアイテムもあります。

余談ですが、タイパンツを履いている人はほぼほぼ100%、観光客です笑。

日本人が普段着物を着て出歩かないように、ローカルの日常着ではございません。

Tシャツ短パンの方が着るの楽だしね。

 

 

駅の方から直進して、その奥突き当たり? あたりにあったきがする(あてにしないでください)、ビューティーゾーン。少し傘のかかったエリアにあって、タイ友人が去年来た時に、ここでコスメを買ったよ! として連れてきてくれたのです。

休憩するところもあるし、実際ちょっと良いグレードのコスメも置いています。

 

 

Plantasiaは去年も確か購入したお店!

ハンドクリームとか、バームとか、ちょっとしたものなんですけど、お店の主人は英語が話せるので、多少安心感がありますね。

お茶とかも売ってます。確かここでお茶買ったこともあるかも。

 

 

アジアでよく見かけるカゴバッグ売り場。

でも正直、アジアンバリューではない高さでいつも怯むー!

 

 

休憩エリアから奥に伸びる方角には、アートエリアがあります。

クアラルンプールとかでもミニアートが売ってたりしましたが、バンコクでもアートは身近なようですね!

オージー友人が結構見入ってた気がします。

 

 

コーヒースタンドでひと休み。

オージー友人はシドニーでバリスタをしているので、コーヒーには結構こだわりな感じです。コーヒーより紅茶派なわたしはあんまりわからない…笑。

 

 

普段ならホットなのですが、絶対的に暑いので、この場ではアイスに。

日差しこそなかったけど本当にしんどい天気でした。

 

 

ちょっとした小道へ。

パチモノ感しかない(ごめんなさい)のアメリカンカジュアルが大量に並んでいます。

世界のサッカーリーグのユニフォームみたいなものも売られているます…笑。

ちなみにこういう小さい道では、お店の商品を撮影すると金払え! とか言われることがありますので、「No Photo」とか書いてある看板には気をつけましょう。

 

 

何回も見てると買わないといけないような気分に感じ始める、タイ柄のネイビーの服…。

 

 

マーケットを半分くらいきたかなというところで、雲行きが怪しく。

なるべく屋根のあるエリアを歩いていたのですが…案の定この後すぐ降られてしまいました…。

 

 

通り雨かなと思ったのが、結構がっつり降られてしまい…買い物が継続不可能気味に。

 

 

一旦その時いたブロックの、屋根のあるエリアをちょろちょろ。

でもすごく混んでしまって、動くのがなかなか大変でした。

韓国コスメっぽいのが置いてあるコスメショップがありますね。

タイでは最近、韓国アイテムが本当どこにでもあって、流行っておりますねえ。

 

 

タイガーバーム的なものの近くにある、海外製? と思ったら大正製薬でした笑。

 

 

コスメショップの近くにあったストールショップ。一個数千円相当で結構高かった気がします。

カシミアはアジア地域で結構安く手に入る…と思いがちですしわたしも思ってましたが、品質がバラバラで見極めがかなり難しい、という印象ですね。

もっと目が養われればありなのかな…!

 

 

一瞬でぶっ壊れそうな500円相当くらいのビーサン…。

 

 

雨になってグラブを拾おうと思ったのですが、バンコク中心街までは全然いけず。オファーを断られることのを繰り返し、頑張ってBTSの駅まで歩こうか、ということに。

マーケットを東側に抜けると、そっち側には地下鉄じゃない、高架鉄道があるのです。

モチット駅というところです! 市場挟んで対角線側の反対側には地下鉄があります。

 

 

近くの緑の公園沿いに並ぶ屋台。常にお祭りみたいな眺めですねえ。

 

 

この地下鉄を乗り継いで、アソークにあるターミナル21に向かうことに!

2回目のターミナル21、永遠に楽しめますね!

 

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。