服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






ディープにローカルと行くバンコク旅行@前職同期で合流! バンコクのルーフトップバーから始まるバンコクデイズ、景観よすぎなAirbnb

無事、オーストラリアから到着した友人氏と合流! バンコクローカルの友人氏と3人になって、バンコクに早速繰り出します!

仕事後なのにも関わらず送迎してくれたローカル友人氏にひたすら感謝です…。

オーストラリアから来た友人氏のリクエストで、まずはバンコクの夜を楽しむルーフトップバーへ直行!

前回わたしがバンコクに来た時もいろいろ連れて行ってくれ、前回は確かレッドスカイというこれまた有名なバーに行きましたが、今回はまたちょっと違うところへ。

BREWSKI(ブルースキー)というバーはアソーク駅から近いスクンビットエリアにあります。

…逆光で見えない!笑

 

 

BREWの名の通り、クラフトビールが有名なお店だそうで。お酒を飲めないわたしにはなかなかわかんないのですが、いろいろ種類豊富みたい。

空間はとてもおしゃれな感じで、バンコクの雑多な感じとは全然違います。

 

 

TAPがお酒をつぐところ…ってことはわかるぞ!

あまりにも英語しかないのでもはやタイじゃないみたい。

タイは外国人の多い場所ではだいぶ現地語が少ないのが面白いところですよね。

 

 

とりあえず席に座る。

ノンアルチョイスとして烏龍茶がある日本と違って、甘くない飲み物ってそんなにないので…わたくしはオレンジジュース。

ドリンクと、フードもあったのでちょっとつまむ。

 

 

バンコクの夜景をひたすら撮る。

撮るの失敗して指っぽいものが入ってますがすみません!

この夜景は東京っぽいという人がいるけど、東京にこの景色はないよなあ。守るもののないルーフトップっていう発想が東京ではあまりない。

あと、夏暑くて冬寒い日本だとこの業態は、天候がよくない時のリスクがとても高いと思う笑。

 

 

ちなみにお客さんはほぼ外国人。タイ語も正確には識別できないものの、外国語が飛び交う、英語の会話、って雰囲気でございました。

 

 

ドレスコードがあったかは忘れましたが、西洋人的なルックスのひとは結構見た目がきれいな感じの服装だった気がします。

 

 

基礎的な腹ごしらえをしましたら、宿泊先へ移動!

泊まるの自体は3泊ですが、バンコク中心部のコンドに友人と二人で泊まることに。

もともと安いエアビーも、二人で分割するならさらにお安い。うれしいー!

 

バンコクの夜の街を友人氏の運転する車で移動…。

 

 

 

たどり着いたコンドはとてもきれい!

ホテルみたいにドアマンらしき人がいて、部屋と名前を伝えると迎え入れてくれます。

 

 

カードキーをタップしないといけないドアを抜けてエレベーターへ。

 

 

自分の部屋まで案内してくれます。

 

 

そしてお部屋は…こちら!!

きれいすぎかよ!! そして夜景すごいかよ!!!

18階で、夜なのでよく見えませんでしたが川が近く。

そして部屋がひろーい。左手手前側にクローゼットとかあります。

 

 

ベッドは両側に充電あり。うれしい。

 

 

ベッドの反対側にキチネット、ちょっとしたコップ類、レンジとか冷蔵庫とか。

ちなみにランドリーはこの部屋の正面にありました。洗濯機と乾燥機と2機ずつくらい。

 

 

シャワールームと洗面所。シャンプー類とかは少し用意がありました。

シャワーカーテンが短いので、利用後は洗面所もビショビショになるというちょっとしたトラブルはありつつ笑。

 

 

トイレは海外では珍しい個室タイプ。これも嬉しい。

ちなみにタイだからか、手洗い用のホースもありますね。

イスラムとかヒンドゥーの人がトイレでつかうやつ。

 

 

3日間、とても快適にすごせて最高でした!

この物件で友人と2分割して、3泊4500円でした。

一人で泊まるにはもう少しコンパクトでもいいけど、友達と二人こんな感じに過ごせるなら、リッチ感もあってとてもいいですね。

 

Airbnbはアジアを中心に各国で利用していますが、不自由だったことが全くない。

欧米ではコミュニケーションを楽しみつつ、アジアでは廉価なアパート滞在として使えるのがとてもよいですね!

旅のお供としてはもはや欠かせない。今なら最初の旅行は$33引きになるらしいです。最高じゃないですか!!

 

www.airbnb.jp

 

行く前に訪れたコンビニにておやつを調達。

ドライフルーツのラインナップが大量なタイ。日本と比べると嬉しいけど、見た目でなにかわからないとなかなかチョイスがつらい…。

うちのボスが大好きな、ロイヤルプロジェクトのドライフルーツありますね。トマトみたいだけど。

 

 

こちらはスーパーでもおなじみのドライフルーツ。

一般的な感じの味ですが、実は中が2袋になっていて、プチ小包装という。

ちなみに…ドリアンはお土産として買われそうな位置にたくさん置いてありますが、ほんとによっぽど好きを公言しているひとぐらいにしか買っていってはダメです。

台湾よく知らない人に臭豆腐のお土産買って行くみたいなもんですよ。

 

 

国民性が出るチルドなフードコーナー。

コールドプレスジュースとかはお安いのに美味しいです。

あとはちゃんと探したことがないのですが、プロテインドリンクみたいなのは結構いいらしいとか。

 

 

コンビニのホットケースで売っているのはソーセージばかり笑。

中華まんとか意外とないのかな。行った場所の問題だろうか。

Pao、おいしいのにな…。

 

 

コスメはやたらロレアルが多い感じ。次いで韓国系、日本系。

タイではKビューティーがもてはやされていることもあり、どんどん韓国の影響力が強くなってますね。

ベトナムは最初からもうほぼ、韓国の価値観を流し込んだみたいな感じだけども笑。

 

 

もともとはオージー友人(オーストラリアから来た友人)が、ATMでお金をおろしたいからといってATMに行ったのがメインの目的だったのですが。

このとき知ってすごいなと思ったのですが、オーストラリアでは事前にお金をチャージしておけば、 ATMでさくさくっと現地通貨を引き出せるということ。

手数料が実際どのくらいかかっていたのかわかりませんけども、そんなカード日本になくない? と思ってぶったまげたもんです。

その後、今年の11月からJALGLOBALWALLETとか、海外両替しやすいカードというのも出て来ましたが、使い勝手はまだわからんな感じですね。

よく調べると、ソニー銀行のカードとかも外貨預金をしておくと、デビッド的に手数料レスで使えるらしい。

海外によく旅行する手前、海外生活を楽にするアイテムは今後必須になってきますねえ。そういうことも情報発信できるようになるといいな。

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。