服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






音楽抜きのまったりザルツブルク旅行@ザルツブルクの二大スーパー、SPARとBILLACORSOに行ってみた

ザルツブルクの中心街には二つのスーパーがあります!

SPAR(スパー)というところと、BILLACORSO(ビラコルソ?)というところ。

スパーは駅中にもありますけど、ホテルから行きやすいのはゲトライデ通りのスパー。

左の黄色い建物ですね!

 

 

ゲトライデ通りのスーパーはかなり坪が狭いです。

生鮮はほとんどなくて、加工食品とか惣菜とかが多いです。

生鮮は後述のビラの方が充実していたので、そちらに行くと良いでしょう!

 

 

スパーは色々振り返るとコンビニに近いくらいの品揃えですかね。

フレッシュジュース、美味しそう…!

ディップやちょっとしたフルーツも。

サラダも買いましたが、レンチンできない環境では冷たいものばかりしか選べなくて辛い…。

 

 

ちなみに翌日午前に行ったらこれだけびっしりでしたよっと!

フルーツの量w ちなみにスパーではちゃんと、フォークとかナイフとか使い捨てのものをくれますよ。

 

 

飲み物とかお酒とか。

お酒飲まないので全くわかりませんが、普通にスパークリングなドリンクもありそう。

 

 

お菓子コーナー。本当にコンビニレベルしかない笑!

 

 

その倍くらい充実している乳製品コーナー。いや、そりゃまあそうですよね。

 

 

スパーのPBと思しき、統一感のあるブランド。

ちょっと高いんですけどね。お茶とかチョコとか、見た目にも本当に美味しそう。

書いてるだけでお腹が空いてくる…!

 

 

パンとかスプレッドとか。オリーブ漬けもありますね。

 

 

チョコだけでこれだけのコーナーを作れるオーストリアってすごい。

ドイツもそうでしたけど、美味しいチョコレートへのこだわりを伺えますね!

 

 

あったかいものを食べたかったら、ショーケースに入っている量り売りの食べ物を注文です!

英語ちょっとわからん感出されてしまいましたが、指差せば大丈夫です。ショーケースブラボー!

わたしはこれで奇跡的に一個だけ残ってたラザニアを見つけて、ほっかほかのものをホテルに持って帰りました…。満足。

 

 

もちろん、ハムやチーズなどの肉もありますよ。

コンビニサイズの店でもしっかり充実しているのはやはり文化に根付いた食べ物なんですねえ。

 

 

綺麗に包まれたものがあるなあと思ってたら、ハプスブルク家系のアイテムでした!

モーツァルトアイテムも同じような感じで置いてあることが多いです。

わかりやすい感じのお土産ですが、歴史好きな人にはおすすめです!

 

 

レジの真下にはレジ袋有料のものが。

モーツァルトマークがついてるんで、欲しい人はどうぞ!

 

 

閑話休題。ゲトライデ通り抜けたあたりには聖堂があります。

ちなみにもう一つのスーパーは大通り沿いなんですが、違う道を行ってみようかと思ったら結構遠回りになって、焦る焦る…。

 

 

ビラコルソに到着! 閉店時間間際なので慌てて飛び込みます。

 

 

入ったその瞬間、前の店でサラダ買ったこと後悔したよね。

全然こっちの方が美味しそうじゃーん!!!と…。

結局ダブりになっても食べられないので買いませんでしたけども。

フルーツが入ったデトックスウォーターは美味しそうだったので、後日買いました。

 

 

わたしの大好きなネクタリン!! 感動のあまり、周りをよく見ずにカゴに複数投入。その後、量り売りだったのに測ってなくて、レジで結構怒られましたとさ…。

 

 

ワイルドすぎる半分カットのフルーツたち。

メロンとかパパイヤとか…どうやって食べるんだろう笑。

 

 

海外で買うと安いナッツたち。ちょっと量が多すぎるので、おやつに! というにはなかなかヘビーですが、ミックスナッツの中身も日本と違ったりするので面白いです。

 

 

生鮮コーナーもスパーに比べてしっかり確保。

個人的には日本のネギがあることが割と面白かった…。

 

 

閉店寸前なので全然充実してなかったんですが、生鮮を抜けた奥にはデリコーナーもあります。パンとか肉料理とかもありますけど、この時はほとんどなかった…。

 

 

やっぱりドイツ語圏はお茶が充実してるよね! と思わされる写真。

バックライトのせいで最高に写真が見づらいんですけど、ミュンヘンでは見かけなかった野菜?っぽいもののお茶があるのが興味深い。

 

 

英国ブランドのトワイニングとかもありつつ、 TEEKANNE?と書かれているドイツブランドがとても興味深い。日本含めたアジア圏だと、トワイニングどーん! ってなりがちなティーコーナーなのに、自国ブランドがしっかり幅を聞かせているのは、こだわりがある証拠ですね。

 

 

こちら噂のモーツァルトチョコでございます。

個包装になっているということが大きくて、わたしはこれを会社のお土産に買って行きました!

正直、ちょっと雑に選んだかもしれない感は否めません。すいません。

 

 

それ以外にもクラシカル系なお土産としてはこんなのも。

 

 

ヌガーとか、ペースト?とか。パンに塗るもの系。個別パケもあるので、パン派の人には個別お土産もありかも。

 

 

全然読めないけど、はちみつとかだろうか…。

下段の方はジャムっぽい。

 

 

モーツァルトチョコがたくさんございますね。

真ん中のコイン型のはちょっと大きすぎるので、バラマキ用にするなら、ボール状か板状になってる小さいものが詰め合わせになってるのがおすすめですかね。

 

 

お店の奥にひっそりあったクノール等の調味料コーナー。

これはオーストリアブランドかな? ドイツ語すぎる笑。

 

 

クノールとか日本でもある系のブランドも別棚に。

若干ですが、やはりミュンヘンの方が種類も多いし、安かった気がしますね。それでも50セントくらいの差分ですけど。

 

 

レジ近くで見つけたGROM。日本撤退しちゃったイタリアのジェラートブランドですね!

懐かしくて思わずパシャ。

あ、余談ですが右に写ってるORGANICSと書いてあるのは、思っ切りレッドブルです。

そして面白いことに、レッドブルの本社はザルツブルクにございます。意外ですよね!

 

 

ホテルに冷蔵庫があったらなあ…と思わずにはいられない、アイスが安すぎる光景。

ミニカップがなくてパイントしかないあたりが文化を感じますね。

 

 

物価チェックの対象である卵。

10個くらいで3.99ユーロ…うーんちょっと高い気がするぞ!

ちなみに水とかも見たりします。やっぱりヨーロッパはどこも物価高め。

 

 

投げ売り状態のモーツァルトチョコ。お土産アンパイだよね、わかるよ!

 

 

すっごい不思議なんだけど、リステリンの下になんでお酒のミニボトルとかあるんですかね?

いないと思うけど、お酒とマウスウォッシュと取りちがえる人がいてもおかしくないくらいの雰囲気…笑。

お菓子食べたら歯磨けよ! ってこと?笑

 

 

結果的に21時過ぎになんとかレジを抜けて、食べ物はスパーで買ってきたラザニア、サラダ。

 

 

量り売りなのよ! ということでめっちゃお店の人を待たせてしまったりんご、ネクタリン、そしてブラックベリー。海外で必ず買う大好きなものたちです!

 

 

その後はお店も閉まってますので、母上が帰ってくるまで部屋でぼーっと過ごしましたとさ。

ネクタリン美味しすぎるよ!

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。