服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






ロストバゲージからのミュンヘン現地調達旅行@ミュンヘンでルフトハンザが全便欠航!? なかなかハードな旅の始まり

はい、やっとこのブログの時間が7月になります。

すでにミュンヘン・ザルツブルク旅をしてからゆうに4ヶ月経過しております。そのあとの旅もそこそこディープにやってきたので、写真見ないといろんなことが怪しいです。

 

さて、今回の旅は行きはドイツのミュンヘンに行き、帰りは隣国オーストリアのザルツブルクという音楽都市から、フランクフルトを経由して帰国するという流れになっております。

出立は忘れもしない、日本時間2018年7月28日の土曜日ですよ。

母のオペラ旅行の付き添いに、ドイツ行ったことなかったので一緒に行ってきました!

お盆ほどではないですけど土曜日の空港なので、そこそこ忙しない感じでした。

それにしても羽田便は便利ですね、行くのが楽。

深夜もアクティブな羽田ですが、午前の時間は西側行きの便が充実。

 

 

ちなみに今回のSIMはこちら、ThreeのローミングSIMをアマゾンで購入しました。

基本的に3泊以上の長めの旅行では、最近はずっとSIMカードをアマゾンで買って使っています。

Wi-Fi借りたのは直近では一泊二日の韓国ぐらいかな。それでも若干ストレス感じたのでSIMにすればよかったーと思ったぐらい。

 

 

ヨーロッパ周遊で9GBという、何があっても大丈夫スタイルの大容量で。親とテザリングしたり、緊急時にPCを使ったりする可能性も見越して。

カナダ・アメリカ旅の時もそうでしたが、ローミングSIMは日本に帰ってくる瞬間だけ気をつけていれば、海外の国境を超える旅でも安心なのでおすすめです。

節約旅でも電波が切れることは死を意味すると思っていることと、インスタとかも躊躇なく楽しみたいので、電波容量は毎回無駄だろw って思うほど持っていく派。

イギリスのSIMなのか、イギリス渡航だともうちょっと容量たくさん使えるみたいです。

 

 

3GBで半額くらいのもありますので、1週間以下で、地図とかtwitterぐらいとかいう人はそっちでも良いかも。

 

 

さてさて、今回はルフトハンザで行きます!

ドイツのフラッグシップキャリア、スカイトラックスでも評価上々の4つ星エアライン。

日本人と似たドイツ人の勤勉な性質も相まって、気になるエアの一つでした。

スターアライアンスなのでANAのマイルもたまりますしね。

 

 

足元撮るの忘れましたけど…席はオーソドックスな国際線仕様のもの。

 

 

ドイツはいわゆるブランド物で有名な物がそんなに多くはないのですが、強いていうならルフトハンザモデルのリモワスーツケースかなー。

 

 

国際線の突き出しの定番のおやつ。塩クラッカーみたいです。

ルフトマークがかわいい!

 

 

機内食メニューはついパチリ。

午前に飛んで着いたら夕方というロングフライトなので、昼食・夕食のサーブです。

 

 

早速昼食のサーブ。

確かこっちは生姜焼きだったかな?

それと、申し訳のような巻き寿司、パストラミ?とポテトサラダ、パンとケーキ。

 

 

そして今気づいたのですが…夕食の写真はなかった! 寝てたのかな。

すいません!

 

そんなこんなで半日くらいのロングフライトを終えて、ミュンヘンへ到着。ルフトハンザの専用ターミナルである第2ターミナルに到着です。

ただ、降り立つ前からすごい不穏なアナウンスをしていて、乗り継ぎの人は欠航ですので…みたいなことを多数言っていて、なになに? と思ってはいました。

まあでもわたしたちはミュンヘンが現在の最終目的地だから関係ないかなあと。

けど…見事に関係を作ってしまった。

なんと、入国審査後にトランジットとバゲージクレームの方向を間違えて、外に出てしまうという大ポカをやってしまい、回転台の荷物を取らないまま出ちゃったのです。

あちゃーとなってからすぐ中にもう一回入れるように交渉を始めたのですが、同時に異常な人混みにも気づくことに。

 

 

事情を係に話したらルフトハンザの指定カウンターで聞いてくれと促されて行ってみたら、カウンターが暴力的なほどに並んでいるのです。

 

 

対応してるんだかしてないんだかわかんない速度感。とりあえず1時間弱いてはみたものの、列は進みませんでした。

 

 

この時何が起こっていたかというと…何やらミュンヘンの空港で、知ってか知らずか液体物を無理やり制限エリア内に持ち込んだ人がいたらしくて。しかも一回検査で止められているのに、ぶっちぎって中に入ってしまって行方不明になったというから、空港の人は大騒ぎ。そうですよね、変なもの持ってる人が空港の中に入って、テロするかもしれないのですから。

結局その人は行方知れずのままだったんですが、そのせいで空港は完全シャットアウトになってしまい。全便欠航するも搭乗予定だった人の荷物は預かりっぱなし、それも大量に積み上がってしまって、飛んでもないのにロストバゲージするという大惨事が起こっていて、みんな乗客キレまくり。

そんな状況とは知らず、わたしたちは荷物を呑気に空港内に置いてきちゃったのですよ…もートホホ。

結局、らちも開かないし母のオペラは初日からブッキングされているので、また明日空港には来ることにして、一旦ホテルに向かうことに。

服もないしコスメもないけど、わたしは幸い電化製品とか貴重品、ブロガーライフに必要なものは全て手元にあったので一安心。

タクシーに乗りながら、自分が泊まるホテルの周りの買い物どころをチェックして、その日に必要なものをとりあえず買う算段をつけました。

 

 

空港は熱気で蒸し風呂みたいになっていて、水とそのゴミがすごいことに。

かくいうわたしも水買ってました。まあ、間違って炭酸水買っててそうじゃないのも買いましたけどね。忘れてたここヨーロッパだって。

 

 

ミュンヘン市街に向けて出発しまして、なかなか体験できないサバイバル旅のスタートです!

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。