服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






アクティビティとシティを楽しむバンクーバー旅行@ちょっと割安風? カナダ・バンクーバーのホールフーズ@ロブソン

カナダにもあるよ、ホールフーズマーケット。

それはバンクーバーにくると決めた時に知って、うおーっと喜んだ結構いい知らせだったんですよね。

バンクーバーの行きやすいところだと、ファッションストリートでもあるロブソンストリート、ブリティッシュコロンビア大学に向かうところにあるユニバーシティプールバードの近くにあります。この記事ではロブソンのホールフーズをご紹介。

 

 

入り口だか出口だが結構微妙なところにお花。

お花見るとアメリカのスーパー! それもオーガニックの! って感じがする。

 

 

スーパーのファーストビューはやっぱり、この青果コーナーですよね! セーフウェイでも果物は買ったりしましたが、やっぱり特別感があるのはホールフーズ! って思っちゃう。

こうして値段をしっかり見比べてみると、セーフウェイと比べてやっぱり一段高いんですよね。

 

 

葉っぱたちが整然と並ぶ様子…。

そういえば、今気づいたんですけどキャベツを丸のまま、とか売ってないんですかね?

なんかどこで見てもだいたいこういう、葉っぱパックになっている気がします。

 

 

アボガドやトマト。日本ではハリのある青いトマトを買って丸かじりするのが好きですが、海外ではまだやったことがないですね。茎つきなのもオーガニックスーパーらしい。

 

 

ピーマンなのかかぼちゃなのかトマトなのか絶妙にわからないこの食材…値札によるとトマトらしいです。なかなかびっくり!

トマトも、日本と違って赤いだけじゃなく、紫みたいなやつとか黄色のやつとか豊富にあります。

 

 

カットフルーツゾーン!

カナダはカットフルーツはあんまり割安に感じない…と言いつつ、結局キッチンが共同のエアビーとかなので、カットフルーツに落ち着いちゃいます…。

ベリーとマンゴーのミックスがあるのがいかにも海外という感じ。

 

 

突然やってくる洗剤コーナー的なドクターブロナー。これはアメリカで買うとふつうに安いんですけど、気のせいかカナダはやっぱりちょっと高めですかね。

色々見てきたけど、ハワイのドンキで売ってるドクターブロナーが結局一番安い気がしています。

 

 

ボトリングされたジュースって、無性に飲みたくなるようでこういう棚に並んでると、なんでか割高に見えてしまうんだよなあ。

街中のジューススタンドで飲むほうがなんとなく、気持ちがヘルシーになるし、海外だなっていう気がする。

こっちはコールドプレスのジュースなので、大量に入ってるやつよりは当たり前にヘルシーなんですけどね。

 

 

シアトルにもありましたがサハレスナック。値段チェック忘れたけど、バンクーバーでもあんまり高くはなさそう。

 

 

大量系ジュース!

朝からフレッシュオレンジジュースとか、もうおしゃれ感しかありません。

なんとなく憧れるようでいて、ちょっと果糖が気になるので実際にはやっておりません…。

 

 

ホールフーズに来た目的の一つはデイリーフリーのヨーグルトを探すこと。乳製品の含まれないヨーグルトを探してたんです。

海外でよくヨーグルトを食べるんですが、決まってガスがたまってしまい、色々検証してやめてみたら、乳製品を控えると状態がよいといつことに気づいたんです。ただ、たんぱく質は何かしらで補給したいので、やっぱりヨーグルトは食卓に欲しい…ということで。

欧米に旅するとき、ヨーグルトとチーズを諦めざるを得ないのは想像以上につらい…しくしく。

 

 

結局買ったヨーグルトはdaiyaというブランド。上段から2段目、いくつか味の種類はあるっぽかったですが、北米でよく見るダークチェリーにしました。

ソイヨーグルトっぽいのも見かけますね。

 

 

 

成分みたらタピオカとかピープロテインでした。

味はヨーグルトですけど、ギリシャヨーグルトみたいな感じではなかったです。

 

 

面白いなあと思ったegg white。卵の白身だけが売ってるようなのです。ホイップとか、ホワイトオムレツとか使い出は色々ありますが、こういう風にそれだけ売っているのはなかなか面白いものですね。黄身がそのために捨てられるよりはいいか…。

 

 

似たような理由で面白いソイのホイップ。それどころか、ライスホイップ!! まで!!

ソイのホイップは全世界のスタバに是非導入して欲しいです…そしたらホイップ入りのココアを躊躇う理由が減る。

 

 

 

お茶コーナーは個人的に最も楽しみな空間。カナダはイギリス文化の名残もあるからか、コーヒー一辺倒の国よりは割とお茶ゾーン大きい気がするんですよね。

どこがどうとか具体的には忘れましたけど、カナダはお茶好きに優しいです!

でもなんというか…後日行ったハワイのホールフーズとあんまり変わりませんでした笑、ラインナップ。

抹茶が異常に高いなあと思うのですが、北米ではとてもヘルシーでユニークな者として扱われてるみたいですね。44ドルってなに…。

 

 

海外ならキヌアって安いのかなあと思いましたが、べつに普通でした。楽天で買うと容量にしては同じくらいの気がする。それでも、重量がさほど気にならなければお土産にありですね。

いつかペルーに行ったら現地のキヌアを買ってみたい欲があるのですが、検疫きついかなあ…。

 

 

ホールフーズ印のジッパーバッグとかもはやいるのだろうか!? なんて思ってしまいました。

 

 

ペットアイテムもオーガニック。

犬猫買ってる人もなんか周りに増えてきた気がしてるので、お土産とかにも喜ばれるかもですね。猫缶とかよさそう。

 

 

 

どこに行っても北米スーパーのコスメは楽しい。この辺は正直あんまり代わり映えしてないかも。

 

 

ネイルとかもこんな感じ。

 

 

サプリ棚。この辺がローカルって書いてあるものが結構たくさんあって楽しかったかも。

 

 

絵を見てるだけでも楽しい洋書コーナー。料理本とかは楽しいですよね。絵を見るの専用ですが…。

 

 

でっかい入れ物は大体プロテインとかそういう系です。

 

 

Vega proteinはカナダ発祥のビーガンプロテイン。ピープロテインとかがメインかな。

個人的にプロテインは小分けの袋タイプを、トレーニングしてるメンズにお土産にするのが楽しいのでございますね。

iherbでも買えるんですけど、カナダドルで買うのが相場の関係上一番安いです。

 

 

上の青いボトルのものはローカルタグがついてますね。ちょいちょいこういうものがあると、アメリカとかハワイとの良い意味の差を感じて楽しくなりますね。

ちなみにパケにはesterCと書いてあるようなのですが…エスターシーってカナダだったのね!

ビタミンCだけでこの大量さ、好き。

 

 

突然食品売り場にゴーバック。

食べるかどうかは置いておいて、海外の冷食売り場は見た目がきれいなものが多くて、なんか人生楽しくなりません?

ビザだけでこの量があることもそうだし、いわゆるベジとか食の選択肢があることもすてき。

すでに紹介してるdaiya のブランドのものも下の方にありますね。

 

 

ホールフーズといえばとにもかくにもフレッシュフルーツ! ではありますが、冷凍フルーツも需要があるようですね。

ベリーはわかるよってかんじですが、ココナッツジュース? ミルク? が並べておいてあるのはこれまた興味深い。

 

 

パン食の国ならではのパンコーナー。食事と一緒に食べるどっしりパン。

 

 

Grab to go は要はファストに食べられるアイテムのことですね。

日本では惣菜はパックされているものがメインですが、アメリカのスーパーでは大体どこいってもサラダバー方式というか自分で好きなものを好きなだけ取るようになっています。

ゆえに、考えないゾーンコーナーはこのように区切られているのです。

 

 

みんな大好きホールフーズのデリコーナー。

平日帰宅時間に寄ったのですが、結構いろんな人が利用していたように思います。

日本だとサラダ屋さんは女性ばっかりな印象が強いのですが、欧米はそんなことありません。バンクーバーは特にヘルスコンシャス人口も多いので、特にユニバーサルなイメージ。

 

 

わーいと思ってドサっと盛ると、重くなって値段も上がるし、アメリカンな量感で食べきれない! ということもありますので、コツとしては極力葉っぱの量を多品種少量にして、トマトとかブロッコリーとか個数のあるようなものはほとんど一個ずつとかにすること。よっぽど好きなもの以外ね!

 

 

ホットデリはサラダと入れ物を分けて、一種類に絞ります。確かこの時はチキンとかにしたような。

 

 

飲み物コーナーも横にあるんですが…なんでみんなスプライトとかジュースなん、と思って驚きですね。

ノンシュガーのお茶を好んで飲む日本人は奇異なことこの上ないんでしょうね。

 

 

レジを抜けると、買ったものをその場でいただけるイートインコーナーがあります。

コーヒーとかお酒とかをオーダーできるのが、いわゆる日本にあるイートインコーナーと違う点です。

ボツになったとはいえ、セブンイレブンのちょい飲みはこういう所を目指してたんですよね。

一人旅って何かと飲食めんどくさいので、一人でも気にならずチップ不要なところでさくっと好きなものを食べられるのは良いですよね。

 

 

ホールフーズほんと楽しい。日本に上陸してほしいとはいいつつも多分無理だろうなあ。

でもだからこそ、海外に行く楽しみが増えるってもんです。

こういう些細な広告すら、欧米の間の取り方というかデザインは美しい。

 

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。