服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






アクティビティとシティを楽しむバンクーバー旅行@お茶、コスメ、チョコ、ヨガ。キツラノを満喫するショッピングスポット

ガイドブックに特集されるおしゃれな街、キツラノ。

ヘルスコンシャスな店やモノが集まる場所でどうしても行きたかったのはスーパーだけじゃありません!

O five teaというお茶屋さんです。

抹茶が身近な日本人なのに何故? と思われそうですが、日本ではグリーンティーをお店で飲むような機会って意外となく、海外でこそお茶は楽しみやすいなと思ってます。

オーファイブティーは日本茶もあるし中国茶もあるし、色んなものを試せるなあと思って行ってみることに。店の名前の由来は中国の五行思想らしいので、ベースには中国があるんかなと思っていたのですが。

そこまで? 関係ないようです。

入り口はひっそりしててちょっと見逃しそうな勢い。

実際一回通り過ぎた笑。

 

 

んじゃメニュー拝見。結構ボロい、そして分厚い。よく見るとコンブチャとか書いてあるのが北米っぽい。

 

 

まずはウーロン茶。

バーと言ってお店で飲む価格と、ティーリーフを買って飲む価格と両方書かれています。

ちなみにメニューの上半分はいわゆる月餅とかなのでお茶菓子ですね。

産地が書いてあるのもなんとなく楽しい。

こんな感じでグリーンティーとか色んなものがあったので迷ったのですが、その場でお茶を立てているのをみて、あえてのお抹茶にしてみようかなと。

ちなみに、わたしが行った時は結構人が多くてさわさわしてたので、こういうのを選ぶのがおすすめだよー的な話はする間がなかったです。

 

 

いわゆるゼンスピリットが漂う店内。

ちょっとした実験室のような雰囲気もあり、ほーっと見てしまう興味深い店内。

 

 

自由に見て回れる場所にはバリエーションがたっぷりの茶葉を見られます。お茶の香りを嗅いだり、ざっくりと好みのお茶を探したりできるようになってます。

 

 

なお、お抹茶を頼むとこの中から器を選ぶように言われます。お好みのお茶碗を選んだら、ちょっとドキドキしながらお茶を待つのです。

 

 

待ち時間の間には茶器やお茶っ葉を見ても過ごせます。

 

 

作家さんのものなのか、結構思ったよりたくさんある気がします。

 

 

この写真だと奥側、お店でいうと入口側がお茶を点てるスペース。

一杯分ずつ丁寧に沸かしたお湯とお茶っ葉を合わせ、お客さんがチョイスしたお茶碗でササッとお茶をたててくれます。

 

 

すっと出してくれるところまで、日本の茶道を思わせる儀式のように感じます。

むしろ日本人だけど、抹茶をこのタイプのお茶碗で飲むなんて人生で数えるほどなので、回すとか何口で飲むとか全然分からなかった…。

お茶菓子がないと結構濃くて、口数を決めてたら結構飲むにはしんどいかもしれない。カフェインがだいぶ強いのでシャッキリ目が覚めました。

 

 

一服して元気を取り戻したら、ちょこっとキツラノをショッピング。

中心街のロブソンにあるとは知っていたものの、なんとなくキツラノで行ってみたかったセイジへ。

セイジはいわゆるナチュラルコスメのブランドで、バンクーバー発祥のブランドだそうで、ピリッとしたハーブを配合したアイテムが特徴です。

実は、店内写真NGで全然撮れなかったのですが…。

 

 

個人的におすすめだなーと思ったのはアロマオイルの詰め合わせ。

4ー5本入って60ドル弱で、ロールオンで気軽に塗って使えるようなものです。

 

 

ネットで改めて見たらこんな感じ!

5人のお土産一本10ドル前後と思ったら、ちゃんとしたものをあげたい人にはいいかもしれませんね。

 

f:id:Rie_Yonemitsu:20180714002139p:image

 

ホームサイズの香り付きバームやクリームもあります。大きさからしょうがないんですが、ミニサイズでサクッと買えるようなお土産はそんなに多くないかも。10数ドルのクリームを女性の先輩用にいくつか購入したくらいです。

ロールオンもレギュラーサイズだと30ドルくらいするのであまり安くない…。

 

 

通りがかりに見つけたテラスのカフェ。キツラノで見るからなのか余計にオシャレ度増して見えるわ。

 

 

こちらもふらっとあるいて見つけたチョコレートショップ。

あとから調べたのですが、バンクーバーのダウンタウン発祥のチョコレートブランドでした!

チョコは万国共通、ハズレの少ないスイーツなのでお土産にもいいかもですね。

 

 

あまり写真撮ってないのですが、ミニサイズの商品のバーはこんな感じ。

ミント、オレンジ、抹茶ココナッツとか…日本だとなかなかお目にかかれない味のコンビですね。

スーパーでどれほどポピュラーなのかは見てなかったですけど、ちょっといいブランドのものをお土産にしたいのであれば良さそうなブランドです。

 

 

カナディアーン! なコーナーも。

個包装じゃなそうのが日本人にはしんどいが…!

 

 

立ち入れなかったけどおしゃれそうなキッチンストア。

 

 

名前は忘れたけど通りにあったコスメストア。

おしゃれというかアンティークな海外風味はあったけど、日本でいう町の化粧品店のような感じなんだろうなあ。

 

 

ちょっとしたアクセサリーも売っております。

 

 

お次はキツラノショッピングの大本命、ルルレモン !!

もちろん中心街にもありますよ。

でも、結局観光地は超絶混んでるのであんまりおススメできるような感じでもありません。サイズも欠けてるし、ゆっくり見られないし。そういう意味でも、ちょこっと郊外の店で比較的ローカルの人の度合いが高いような場所はお勧めです。

 

 

店内ちらりっと。

広くてダイナミックな店内、動きしかないアクロバティックなマネキンたち。

 

 

ブラの山を撮りたいはずが、なぜか上下逆。

 

 

ルルレモン 名物タイツゾーン。ちなみに中心街は中国系の人が多いからか、刺青みたいな柄のタイツが買えます。まあなんかこう…全体のテイストと合わせて外さないように選ぶと良いかなと。

ルルのタイツはどれもちっさすぎない? と思うのですが本当に履いてないという言葉がしっくりくるほどの素晴らしい履き心地なので、お気に入りのTバックといっしょに是非履いてみてほしい。

 

 

ちなみに…この時カード内のチャージが底をついててバスで帰れなかったので、あほだなあと思いつつ30分ほど徒歩でとぼとぼ帰りました。

一回部屋に荷物を置いてからまたダウンタウンへ。この日は楽しみにしていたヨガの日!

 

 

日の長き国の明るい夕焼け空。

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。