服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






スクートでリーズナブルハワイ旅行@ワイキキのど真ん中でウィンドウショッピング&楽天カードラウンジでゆるり

今回のハワイ旅行、結果的にワイキキには1日程度しかいないという玄人風な旅になったのですが、初日はそんなこと全く思っていませんでした。

日本未上陸の大好きなジュースショップ、ジャンバジュースでウェルカムハワイバイマイセルフ。

LCCでお腹ペコペコだったので、アサイーボウルも。

スクートは持ち込み制限があって、おおっぴらには外で買った飲食物を持ち込めないので、水分…! と思うことは結構あります。まあCAさんたちに見咎められない程度に多少買っておいた水を含む程度にはいいと思うんですけど。

実際機内販売が終わるまで明かりが消えなくて寝られないので、それが辛い。わたしの場合はメラトニンを含んでから寝たかったのでとくに辛ポイントでしたね。

まあここでプロテインもビタミンもチャージしてチャラ!

 

 

一旦ネット回線を確保しないとというのがあったので、昨年のプレオープン時にもお世話になってた楽天カードラウンジへ。

前はこじんまりだったけど、今回はかなりしっかりしてて、認知も上がったのか人も結構いました。

 

 

広々空間の中には、日本人には嬉しいウォシュレットつきトイレが。豪華ホテルステイとかできない貧民にはありがたい。ワイキキの中心地なので、情報収集や旅の拠点に最適です。

 

 

冷たいジュースもあり。

 

 

あったかいコーヒーやお茶もあります。冷房が地味に辛いのでこういうのは助かりますね。

 

 

ちなみにカードラウンジを訪れた理由は、荷物を預けるため! エアビーのチェックイン時間が4時で、もう少し早く着いてもいいとは言ってたんですけど、その間ワイキキでロスをチェックしたり、そもそもグローバルWi-Fiをてはいしたり、仕事の進捗の確認をしたりしたかったので!

 

買い物ゾーンも少し紹介。

ロンシャン。やはり海外に来ると毎回欲しくなる。

 

 

コスメゾーン。ハワイでもマックは安い。いや、というか日本が高すぎるんですけど。

大容量の高級コスメとか美容液とか欲しい人にはいいところ。

エスティ系のブランドとか、北米ブランドは当たり前ですけどとても安いです。

 

 

個人的なハワイのブランドショッピングのオススメは、狙いのブランドならまずワイキキやアラモアナのショップで新作をみて、大体欲しいもののラインナップとプライスをチェックしてアウトレットに行くこと。

アウトレットのアイテムでも満足できたり、とりあえずそのブランドのなにかが欲しいというならアウトレットで十分なのが行けばわかると思います!

アメリカにはロスドレスフォーレスやターゲットなど、安くてもかわいいものを提供してくれるところはあるので、ブランドだからいいってわけではないですからね。

 

 

一階はホノルルクッキーとかカレンシーがありますが、お土産レベルのハワイ衣装もあります。

 

 

腹ごしらえ、トイレと荷物預けとWi-Fiレンタルをしたら空き時間が出来たので、ちょろりとワイキキのロスをチェック。

去年行った時と棚の作りが変わってて、靴が前に置かれ、カバンは若干後ろに引っ込んだような形に。

入り口にはスクイズやウォーターボトルがたくさん。サムソナイトのボトルとかあってちょっとおーって思いました笑。

 

 

日本でも靴選びには苦労するわたし。

ヒールの高い靴なんていうのは基本的に見るだけですが、フラットシューズとか、スニーカーの類はロスでは絶対チェック。海外旅行してると靴もバンバン汚すし、日本に可愛いフラットシューズは多くない、安くないなので、見ておくとこの値段ならありかな? って 思います。

 

 

この圧巻のでかい棚、さすがアメリカって感じですよね。日本だったらそもそも敷地のない感じ。

日本人サイズはかなり少ないのでご注意あれ。

靴だとわたしは23センチなので、アメリカの靴だと6サイズとかですかね。

普通にインチを検索すると9って出てきますが、9はでかすぎますので注意…。

 

 

前回はスケッチャーズの紐なしスリッポンを20数ドルで買って、ジムで履いてます。

スニーカー風のスリッポンなのですぐ履けて楽!インソールもむちっとしていて履き心地もよい。 ただ、ウエイトトレーニングするときは靴底が厚すぎて力をうまく伝達できないので、やめなさいとパーソナルトレーナーには言われました…笑。

 

ちなみにこれはアンダーアーマー。

ロスはあんまり高価なブランド物はないですけど、たまーに掘り出し物的に見つかることもあります。とはいえ、日本人の多いエリアだと買われてしまって全然ない…とかザラですけどね。

 

 

ハワイならではのアイウェアもたくさん!

度付きサングラスが早く欲しい…。

 

 

忘れがちですがアメリカのオフプライスストアでは、どこ行っても大体コスメを置いてます!

たまに日本でも使ってる掘り出し物を見つけることもあったり、気になってたものを見つける時があるので、そういうときは買いかも!

長期滞在の時のシャンコンとかここで買ってもいいんじゃない? なんて思います。

 

 

メイクグッズもたくさん。日本でも多くのユーチューバーが紹介するビューティーブレンダーのようなメイクグッズから、豆腐みたいなスポンジまで色々。

余談ですがアメリカはコットンが丸い。

 

 

服売り場はこんな感じでとってもラフ。日本のディスカウントストアをイメージすると良いかなと思います。

水着やスポーツウェアもあることにはありますが、やはりら日本サイズはとても少ない。

過去の目撃例でいうとアディダスのトップスとか、アンダーアーマーのボトムとか見つけたことあるので、品揃えは本来悪くはないはず。

あくまで宝探しという感覚で臨んでください。

ちなみに滞在中寝巻きとか間に合わせが必要になったら、こういうお店は最高です。笑

 

 

前回のハワイ旅行で大フィーバーしたバッグ売り場。ことしはあんまりいいなと思うものがなく、個数自体もなんか少なくて、ふーん…という感じで終わっちゃいました。

トミーヒルフィガー、ゲスなどのミドルブランドのバッグご中心です。

今回は行けませんでしたが、もう頭一つランクの高いブランドが欲しい場合は百貨店アウトレットのノードストロームラック、ワードにあるTJMAXがオススメです。

ちなみにTJmaxは渡米経験豊富な友人からのオススメ。以前行った時の感動はまだ忘れていません。

 

 

現地で必要が生じる度合の高いストール!

バンクーバーで必要になった時にH&Mで買ったことが実際にありますが、ちょっと羽織に欲しい、日除けに欲しいっていうときは海外あるあるとしてあります。

そんな時に安く買えるショップがあるのはありがたいことですね!

 

 

バッグ売り場は広く撮影するとこんな感じです。アメリカあるあるの色ごとに分かれてるパターン。白、ベージュ、黒、その他って感じ。

 

 

ラウンジでちょっと休憩してこんな感じでぷらっとしてたらあっという間にお昼すぎ。

荷物を引き取ってUberを呼び、いよいよマノアのAirbnbへ出発。

前回はアラワイ運河の横の家あたりに居候していたので、これをまたいで北側に行くのになんか無駄に感慨。

ここから色々なドラマが始まるとは思わなかったぜ…。

 

 

おまけ。日焼けスヌーピーならぬ、日焼けお買い物パンダ。

確かに普通のだと白いなって思うけど、普段白いのを見慣れている分汚くしか見えない件。

 

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。