服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






エアアジアでクアラルンプール旅行@女子の憧れピンク・モスク! マスジット・プトラ

3日目の昼は自由行動。夕方のスパ・素敵なディナーに向けて、観光らしい観光をしておこうということに。

クアラルンプール行ったらこれは見ておけ! 的な建造物として必ず紹介されてるピンク・モスクこと、マスジット・プトラ。

建築物好きな人なら絶対行っておいた方がいい場所の一つかと。

タイトルは女子の憧れとか書いていますが、わたしはピンクよりもブルーが好きなタイプの女子ですので、まあ悪しからず。

 

で、このピンクモスクですが、クアラルンプール中心部からはタクシーで向かうのが一番いいでしょう。

私はウーバーして向かいます。値段が最初に握っておけるし、タクシー相場より基本は安いので、不安をちょっとでも除くという意味で。

クアラルンプール中心部は混んでいたり、遠出の場合だとなかなか車がつかまらなかったりしますが、車を呼ぶのに10-20分はかかると見ておいて、色々逆算して行動するといいかなと思います。

 …まあウーバーでも気をつけるべきことはあるけどね。これは今は語らない。

さて、車で約30分ほど走りまして、ついたのがこちらー! 

 

 

ほんまに全てがピンク! 寺院に入るときに必要なレンタルのローブまでピンク。赤ずきんちゃんになった気分です。

イスラム建築はなんかこう、丸っこい屋根の感じが異様に可愛らしい印象です。

普段四角四面な日本にいるから余計にそう思うのかもしれませんが。

地震のない国はフリーダムでいいよね…。建築的な意味で。

 

シャンデリアのような照明が下がる天井。

 

 

ドームの真下は息を飲む、という日本語の意味が初めてわかったような壮麗な空間。

繊細な模様が、花が散っているような風で余計に綺麗に感じる。

加工なしの美しさってところもポイント。

 

 

 

奥は人が全くいないように見えますが、観光客ははいれないゾーン。

お祈りの時間にイスラム教徒の方々が使うんだそうな。

どのモスクでも、祈りの間は観光客ははいれないようになっています。

 

ちなみにこんな可愛いミニチュアもありました。

左右対称な感じも本当に美しいんですよね。周りは海なのか運河なのか、水も張っているところですし。

 

 

外には、日本語で書かれた張り紙なんかも。

要は綺麗に使ってくださいね、的なことが書いてあった気がしますね。

 

 

ちなみにモスクを出たところには、ちょっとしたお土産屋と、フードコート的な場所があります。

 

 

この辺はものすごくローカル感がすごい。エビまるごととか売ってたりします。

 

 

水分補給ということで、ココナッツジュースをいただきました。

片方はあたりで結構甘くて、もう片方は今ひとつだった…。

ちなみに…ココナッツはカリウム豊富で利尿作用があるので、おトイレにはちゃんと行っておきましょう。

個人的な学びなのですが、イスラム、ヒンドゥーの方々が多いところは、いわゆる日本で求めているトイレの綺麗さは期待しないほうがいいです。たまに紙がないところもあるから、水に流せるティッシュは忘れずに。…でも水に流したら詰まるからゴミ箱に捨てましょうね!

 

 

お土産さんはなぜか、服ばっかり。こうしてみると、すごく色鮮やか。

韓国の旅行記も最近書いてて写真を見直していたこともありますが、結構シックな色が多かったので。形は派手だけど。国民性でますね。

 

 

ちなみにここでも…スタバのロゴ風のマレーシアのマグネット?はあった。

 

 

チャイナドレスとイスラムの方々のドレスがくっついたような服がたくさん。

日本人とみると店員さんがすごく寄ってきます。

肌を隠す国のはずなのに、気がつくと日本より派手なやつとかたくさんある…。

 

 

この後は、クアラルンプール一のお土産スポットと名高い、セントラルマーケットへ向かいます。ウーバーの配車時間を見計らって外へ。この日はかんかん照りだったので本当に暑かった…。

 

 

たまたま女性の方の車に!

色んな国に行きましたが、女性のウーバードライバーは初めて。

いい匂いするし、音楽のセンスもいいし、素敵なドライブでした!

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。