服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






前途多難バンコク旅行@スワンナプーム空港の出国後免税店巡り!

土日の弾丸韓国を経て…普通に働き始めています! とはいえ、細かいところをのぞいてあと1回分くらいでタイの話がひと段落するので、先にそれを書き上げたいと思います!

若いんだしきつい旅程でも! とか正直思ってましたが…短時間の深夜便はかなり辛かったです。とまあ、こんな話はまた今度。

 

さて、バンコクの話に戻ります。

バンコクはスワンナプーム空港・ドンムアン空港と二つの空港があり、基本的にはレガシー国際線はスワンナプームです。今回利用したタイ国際航空はこっち。エアアジアなどのLCCはドンムアンで、国内線の乗り継ぎなどもこっちだそう。

プーケット・チェンマイとかはこっちから乗るのかなあ。

 

まあ空港といえばあれですよね。なんと言っても、免税店でしょ。

空港のらしさを感じられる部分なので、この中をいかに満喫するか! というのは旅の楽しみ。新幹線の駅弁、飛行機の機内食、そういう限定的刹那的ロマンなんですよ。

 

エアビーでチェックアウトを済ませてから、ウーバーで入り口へ。 1000円くらいでオンヌットと行き来できます。便利。

東南アジアっぽいギラギラ系空港。

 

 

タイは紫がテーマカラーなんですかね。

アジアでは有数の大きさを誇る空港だということで、かなり色々な方面へ便が出ています。日本行きの便にも欧米人の方々を多く見かけたので、ヨーロッパから経由する方々かも。イスタンブール、バンコクあたりは距離的にちょうど中間ですからね、そういうこともあるでしょう。海外を渡り歩いていると、「Far East(極東)」の意味を実感するよね。

 

 

だーいぶ広々ー。韓国の仁川空港と同規模くらいかな?

 

 

海外あるある、出国審査鬼並ぶ。

 

 

写真とんな! と怒鳴られました…そうですよね!! すいません!!

 

 

タイのお神輿的なオブジェ。仏教らしいオブジェですな。

 

この辺からは免税店系をちらっと。

 

 

 

東南アジアポピュラーお土産、タイガーバーム。タイガーバームの貼る版があるんですよ。バンテリンか湿布かみたいな感じですが、効くのかなあ。

 

 

免税ゾーンに入って比較的すぐそこにあったジムトンプソン。

アメリカンな名前ですが、終戦後タイに永住し、タイのシルク産業発展に貢献したアメリカ人なのです。

高級シルクブランドとして有名なお店。そう安いものもないですし、シルクを大切にできる自信がなかなかないので、素通り…。

 

トリーバーチはどの国でも人気ですね。そういえばアラブ系の女性にも人気ってなんかテレビとかで見たような気がします。

 

 

わかりやすくタイスナック!

免税店に来て改めて思ったんですが、会社等でばらまく比較的ちゃんとしたお土産は、やっぱり空港が充実していますね。クッキーとか。

別の記事でも触れましたが、タイはいわゆる「個包装」のお土産を探すのが大変でした。特に市街。

 

 

クッキーというかせんべいじゃないのか? と思うアジアンクッキー。

下段のはライスクッキーと書いてあるので、まあ、せんべいですね。

 

 

こういうところによく、BUY ● GET ● FREEって書いてありますけど、タイのこの数は結構異常レベルな気がするよ…。7個も買えないでしょ!

ピリ辛系おしゃれスナックも。タイの空港免税店はkingpowerって名前なんですが、その名前の甲斐あってか? おしゃれな箱のものが多い気がする。

 

 

大量系ドライフルーツ。まあ正直ドライフルーツは絶対市内で買ったほうが安いです。小口のバラマキ用を探しているなら別ですが、空港のものも市街のものも、そうドライフルーツとしての味は変わらないかと思うので。100円以下ぐらいで買えるぐらいのものを、こっちで数倍も出して買う必要はないと思います!

 

 

なんと空港に、ディーンアンドデルーカ発見! シーロムでも見かけて素通りしてたんですが、衝撃的に足が止まった…。バンコクリミテッドの威力!

 

 

おわかりいただけるだろうか…。

通常の赤いロゴトートではなく、白地にバンコクロゴ&青・赤のハンドル、底になってるものが!! これそういえばどっかでチラ見してた気がしますがすっかり忘れてましたよ。ランチトートサイズで、ディーンアンドデルーカの定番バッグのSサイズぐらいです。ポケットは通常の一つだけでなく、2つぐらい! ついてるのでとても便利です。生地も丈夫ですし、2個買ってわたしと同じくロゴトート好きの母に1個あげました。お土産回の時に紹介しますね!

 

 

メニューはシンプルですが、やっぱり冷たいものが多いのがあったかい国の特徴かなと。

 

 

こちらは工芸品とか、食べ物以外のものがメインのお店。

 

 

可愛い石鹸たち。これも同じく、ここのは結構高く設定されているので街での購入を推奨します。値段のついてない市場で失敗しても、こんな値段では買わないのでは…?

 

 

こちらはタイ王室ロイヤルプロジェクトのパビリオン?的なもの。置物とか、パッと買うお土産というよりは結構重厚感のあるものがありました。

 

 

 

ロイヤルプロジェクトという王室主導の農村支援プロジェクトの商品が見つかるかと思いきや、どれかわからず…。これのことなのかな?

 

 

 

 

もちろん空港なのでコスメもあります。

なんかあの…日本のWEB広告でよく見かけるフリー素材の女性がいますね笑。

ビューティーブッフェと書いてあってコックさんの顔があるんですが、ブランド名ですかね。

 

 

タイの高級コスメを代表する存在であるスパコスメたち。パンピューリなどが買えるお店もあります。ただ、そこら中にあるというよりは限定された場所にあるので、しっかり探して見てください。わたしの行った道の中では、scents of thailandというテナントでした。

 

 

THANNは空港内からは撤退しています。HARNNとかDIVANA、ERBなどがあります。

フルラインがあるわけではなさそうなので、

 

 

ちなみに、エコバッグ好きとしては、スパコスメの近くのお店で見かけた免税店リミテッドのバッグは気になってました…。集めやすそうなんですもん…!

写真左奥ですね。

 

 

通りすがりのレストランゾーン。

タイらしく、フットマッサージやタイ料理。こうしてみると、カムニャオマムアンがめっちゃ恋しい!!

 

 

 

ドラッグストアゾーンへ。ブーツなどの外資系DSも入店しています。

タイと言えばオーラルケアもかなり意識が高いと言われています。が…、

 

 

日本人と同じくらいの体格、むしろより小柄なひとも結構いる中で、なんで歯ブラシだけはこうも巨大仕様なのかと疑問を隠せないであります。心なしか、日本と比べると相場高めな気がしますねえ。

 

 

舌磨きもありますがなんか栓抜きみたいな大きさ笑。

 

 

ちなみに日本でも有名なデンティスはタイブランドです、って前にも言ったか。免税店でも所狭しと並んでおります。

やっぱまとめ買いする人多いのかなあ。オーラツーも近くにあるけど。

 

ちなみに。

 

 

リア中爆発しろ!!!! パックもありました。カップルのお友達がいたらぜひ。

 

 

ハイシーのビタミンタブレット発見。これ、水に溶かして飲むやつかな? もしくはチュアブル? 以前働いていた会社でドバイ土産にこういうのをもらったことがあるのですが、海外はこういうタイプの製品多いですよね。

 

 

ミントスースー大国タイ(勝手に)。眠気覚ましに鼻の下にスースーするバームを塗って吸うという驚愕の文化を持つ国です。

 

フィッシャーマンズフレンドは日本のアメリカンファーマシーでも見ました。韓国でも。下段にあるようなタブレットはお国柄わかっていいですね! そう言えばイタリアでのお土産に、イータリーでこういうミントを買った気がするのを思い出しました。東南アジア・アラブ圏ではミントは十分話題性のあるアイテムかもですね。ミントカルチャーがある気がしますので。

 

とまあ、こんな感じで出国しまして…タイを23時ごろに出発。2時間の時差を巻き取って、6時ごろに成田着。

そこから六本木に向かうのに、かなり大変な思いをして戻りました。定期落としたりしてバタバタでしたよ、ええ…。

 

タイに関してはまだ小ネタが残っていますのでちょっとずつ吐き出しますが、メインは11月2週目に行っていた韓国・カンナムエリアの記事に移ります!

永遠に中途半端なシンガポールはどこに行くのかと心配な方、ご安心ください。この先旅行の見通しがしばらくないので…というか本当は試験勉強しないといけないのがあるんですが、出かけない合間にちょっとずつアップしていきますので。

 

短いけどタイのコンド暮らし楽しかった! いやまあほとんど部屋にいませんでしたけどね笑。

See you nect time!!

 

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。