服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






前途多難バンコク旅行@タイの交通手段がアトラクション並! エキサイティングなタクシーたち

タイってなんてエキサイティング。それを実感したエピソードが交通手段ですね。

確かに気づいてはいたんですよ。到着してからウーバーを使うとき、車を選ぶ画面でバイクがありまして、ん?と。

そう、タイはバイクタクシーというものがあるのです。

 

 

同道してくれた日本人のお友達はバイタクなんて読んでましたが、まあそのままバイクのタクシー。日本で想像するタクシーよりも当然やすく小回りもきく、ポピュラーな交通手段の一つです。

荷物が重いと危ないのですが、ショルダーとか軽い荷物だったら大丈夫。

一駅ぶんくらいサクッと移動するときに使おうかということになって、乗って見ました。

交渉が必要ですが、タイ語でお友達がやってくれました。マジイケメン…。

ポケットの中身を出してカバンにしまい、しっかりとチャックを確かめてから乗車。

 

 

走り出してから、そういえば二輪初めてだったわ!!! と思ってビビりまくるよねぴー。おにいさんニコニコしてるしわたしは首にかけたスマホを持ってますが、この時はマジで振り落とされて死にそうな勢いのタイミング。

 

 

車近っ!!

もともと交通渋滞がすごい発展途上国ならではなのですが、車多いし車間狭いし、もうこの時はとりあえずしがみつくのに必死。カメラを構える余裕すらない。首に下げていてよかった…。

 

 

ちょっと慣れて来てやっと撮って見た時。この正面のせまーい車間をスルーして入っていくんですよ、なんかもうそれだけで考えられない。本当にちょっとでも傾けば、隣の車に激突しそうな感じで、わたし死ぬかもと5回は思いましたね。

 

 

これは後ろから撮られている図ですね。バイクが小回りが利くのは、こういう車間をすすっと抜けられるからという所以なんですが、日本でそんな運転してる人なんてあんまりいないので、もうここを通り抜けるだけで肝が冷えまくりでした。

風もあるし遠心力的なものもあるので、慣れない人は振り落とされないように必死というのは全く恥ずかしくないと思います。

 

ちなみにちゃんとした写真もないんですが、トゥクトゥクも乗りました!

これもオープンエアーで、トゥクトゥクと可愛く走っていくのかと思いきや、ディーゼル的なものでブルルルルーンと結構な速さで走っていって、車というよりはバイクに近い乗り心地でした。基本的には観光用の乗り物なのでとても安いというわけではないですが、交渉次第では安く行けるかも。

こういうところにやたら活力を感じますね、タイ。

 

タイの電車にも乗りました。滞在したのはオンヌット駅というちょっと郊外の駅が最寄だったので、BTSというタイの鉄道を使って市街地まで出て来ていました。

ちょっとこのへん写真がぐちゃぐちゃですが、こちらはMRTという地下鉄です。地上か地下かで二種類の言い分けをするみたいです。

 

 

基本的に駅内は綺麗ですが、トイレが見当たらないこともあったり、構内飲食禁止(なのに改札の目と鼻の先にジュースやコーヒーを売っている)などということもあるので、若干注意が必要です。

 

 

こちらはBTSオンヌット駅。撮影したのは夕方から夜にかけての平日の時間ですが、めちゃ混み! 東京とそう変わらないくらい混んでいましたね。

ただ満員電車に乗ってみると、心なしか東京よりは人と人の間に距離感があるような気がしました。普段埼京線とか東横線とか混雑のきつい電車に乗りすぎて、慣れてしまったのだろうか…笑。

 

 

なお、地下鉄に乗るときにはスイカのようなカードがあります。BTSはラビットカードと言います。MRTは別のカードがあったんですが、忘れてしまった…。結局そちらは買わず、BTSのカードだけチャージ式のを駅の改札で作りました。券売機じゃダメだったはず、確か。

二日なら40バーツくらい入れておけばいいのではと言われ、だいたいその通りでよかったです。あれ、400かな…単位忘れた…。

 

 

 

電車の外観。自動ドアが整備されている駅も多いです。が、結構乗り込んでるときでも平気で閉まるので、このドアに挟まれないように注意です。わたしは挟まれかかりました。

日本はなんだかんだ言って待ってくれるので。

交通広告は、飛行機、通信会社、食品とかが多かった気がします。電車の中はデジタルサイネージや音声付きの広告が流れていて、日本のような静寂ではない感じです。

広告がポップというか、華やかなのはタイの特徴ですね。

 

 

BTSの顔。これを撮るのは何気に大変でした…。

あまりアナウンスとかなく、ススーっと入って来てしまうので。

 

 

駅の売店。ちなみになぜかわかりませんが、駅構内にはキオスクぐらいの面積のスポーツ用品、フリップフロップ、ランジェリーショップなど、なぜそこにあるのかあまりピンとこないショップがたくさんありました…笑。駅ごとに違うのでこれは面白かった。

 

 

これはホームドアのないタイプ。スマホ会社が目立ちます。ギャラクシー、ファーウェイとか。

 

ちなみにトゥクトゥク以外にもありますよ。路線バス!

 

 

軽トラ? と思ったそこのあなた。

タイではこれが路線バスなんですよ。停留所らしい停留所もないのですが、一定のルートで回っていて、手をあげてのって、値段交渉するらしいです。トゥクトゥクなどと違って乗り合いのタイプ。

どの国に行ってもバスは四角かったですが、これだけは違った…。

地元の人ですらどうやったら停留所を覚えるのでしょうね? 全くわからない…。

 

ムービー編集できたら、この辺の乗り物系は紹介していきたいと思います!

気長によろしくお願いします。

 

 

 

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。