服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






貧乏ハワイ旅行@ロスドレスフォーレス&ノードストロームラック

10日という長いような短いようなハワイ生活…明日が実質最終日というところまで来ました。ハワイから飛び立つのは26日夕方ですが、時差の関係で帰国そのものは27日の深夜になります。

まあそんな感想を言っていてはまだまだきりがないというか、早過ぎる気がするので、出せるところからハワイレポをガンガンやっていきます! もはやもっぱら、電波容量との戦いですがね…。先日のアラモアナセンターをグローバルWi-Fiでアップしたら、一気に500MB、契約時の1日分くらいを優に通信しちゃって、グローバルWi-Fiから危険を知らせるメールが飛んで来ました笑。その後は専ら、ソフトバンクのアメリカ放題を利用して、7月分の残6MBをちまっこく使っております。

グローバルWi-Fiはアメリカ放題使えることを見越しての低容量契約だったのですが、これが本当に助かっています。毎日ソフトバンク本社の方角を向いて、孫さんに祈りを捧げるレベルに、日本人に優しいシステムだと思います。冬に格安SIM乗り換えを検討していましたけど、結構本当に思いとどまりそうなぐらい笑。

まあなぜか…残量がリアルタイム更新じゃないのが怖いですが!

 

さて本題。今回はオフプライスストアについて改めて!

アメリカにあるオフプライスストアとは、いわゆるアウトレット店舗のこと。様々なブランドがミックスした売り場で、値引き幅は30〜70%のものもたっぷりあります! 日本のアウトレットは30%オフばかりですが、あめりかは半額は当たり前の感があります。さすが豪快。

アラモアナ記事でもちょっと登場しましたが、ハワイにはこういったお店がたくさんあります。ワイキキから1時間のところにもアウトレットがありますが、正直狙ってるブランドが明確にある人以外で、何かいいのないかな?ってぐらいだったら、全然ここで事足りるくらいのハイレベルです。

 

この記事では、2017年7月時点でワイキキにある二店舗について紹介します!

 

f:id:Rie_Yonemitsu:20170724091303j:image

 

ワイキキ以外にも各地にあるロスドレスフォーレス。アラモアナにも、そのお隣のロコエリアのワードにもあります。有名なんですね! ニューヨークにいった時は全く意識にのぼらなかったのに…。

 

店内は所狭しとモノモノモノ! 結構探すのには体力が必要なお店です。バッグ、靴コーナーはまだしも、洋服エリアはギチギチにものを置きすぎててかなりしんどいです。元気な午前中か、カードラウンジなどに荷物を預けて最大限身軽な状態で行かれることをお勧めします。

 

f:id:Rie_Yonemitsu:20170724091426j:image

 

こちらバッグコーナー。

これはどのオフプライスもだいたい同じですが、黒、ベージュ、白、その他みたいな感じで色ごとに分かれています。数は黒が最も多かったですね。このラック一面分くらい。ネイビーはあってもこの半分…。人気なのかな。

サイズは色々ありましたが、A4がいけるサイズ感のものもたくさんありましたし、ハンドバッグぐらいのものも。ポシェットとかもたくさんありましたね。

ブランドに関してはまちまちですが、3〜4店舗回ったよねぴー調べによると笑、日本人にも有名なブランドだとトミーヒルフィガーが特に強い印象。あとはGUESS、カルバンクライン。これらのバッグがだいたい50ドル以下ですね。ただシックなバッグよりは、ブランドモノグラムががっつり入ったバッグが多いので、若向けな印象です。コーチのcがバッグの表面に刻まれているような、あれです。

ロスドレスフォーレスは百貨店アウトレットと比べると、比較的安価なブランドが多いです。といっても、日本では百貨店で販売しているようなものばかりですが!

 

f:id:Rie_Yonemitsu:20170724091521j:image

 

こちらは靴コーナー。ツイッターや別記事にも書きましたが、アメリカサイズはインチ表示。だいたい日本サイズの換算表が貼ってありますが、ロスドレスフォーレス、ノードストロームラックなど、それぞれで全く違うことが書いてある…。あと、ネットとも違う。なんじゃこら! 理由は不明ですが得意ブランドの違いなのか?

個人的には、壁のサイズ表を参考にしてそのエリアを見つつ、必ず試着をして買うことをお勧めします。

スニーカーを試す場合は、靴下を履いていくか、前提において考えるといいです。

ロスドレスフォーレスでは、スニーカーだとスケッチャーズが多く、POLOなんとかというラルフローレンみたいな紋章のブランドと、たまにプーマ、ごくたまナイキ、アシックスという感じですね。すみません、普通の靴はだいたい鬼門なので見てないです!

 

f:id:Rie_Yonemitsu:20170724091625j:image

 

エスカレーターで上がる途中の服ラック。めっちゃ多いw 別記事既出ですが、日本サイズのSにあたるXS、MにあたるSはほとんどないので、スピーディーに見て無ければスパッと諦めるのが吉です。それより、靴と服の物色に時間使った方が絶対にいい笑。

ハワイだと、トップス、ボトムス、のようなゾーニングの中に、マタニティ、アクティブという分野も作られています。マタニティは当然見てないけど笑、アクティブは日本で入手しにくいブランドスポーツウェアが10ドル以下とかもあります。見た限りだと、アンダーアーマー、ナイキとかは見ましたね。

 

f:id:Rie_Yonemitsu:20170724091722j:image

 

これは2階のキッチン雑貨コーナー。計量スプーンがもはやカップ級w というのが面白くてつい撮ってしまいました。これに限らず、鍋とかも売ってますし、ベッドリネンとかカーテン、果てはラックや椅子まで…なんでもいろいろあります。また、コスメや小物、帽子、靴下なども豊富です。今思えば、スポーツ靴下とかは買い足しておいてもよかったかもしれない…。

また撮影してませんが、インナーや水着のコーナーももちろんありますよ! それぞれ、巨大すぎるのとかがあって面白いです。

 

さてお次、ロスドレスフォーレスワイキキ店のほぼ隣に位置するノードストロームラック! 海外経験豊富な会社同期にここは行っとけ! と言われたお店のうち1つで、たしかに見てるとほんとうに楽しくなる! ロスとは違った楽しさがありますね。

 

f:id:Rie_Yonemitsu:20170724092105j:image

 

ノードストロームは百貨店が本業で、そのアウトレットになります。同じ百貨店アウトレットのサックスオブフィフスよりはリーズナブルでロスドレスフォーレスよりは高級。ワードにも店舗があるので、そこと見比べるのもたのしいです!

 

f:id:Rie_Yonemitsu:20170724092145j:image

 

ワイキキ店は、オフプライス業態にしては比較的コンパクトなワンフロア。ロスは2階もあったので単純に4、5倍くらいある気がします笑。

ホーム、インテリアは極小にしぼっていますが、ファッション、バッグ、靴はロス以上に充実しています。また百貨店というところから、商品の扱いがロスと比べてややジェントル。空間もしっかりとっていて、陳列が比較的整っているので落ち着いて見られます。

もちろんだいたいやすっ! ていう値段にチューニングされていますが、ロスよりは1ー2割は高いです。その分いいブランドなことが多いので、イーブンですね。 

 

f:id:Rie_Yonemitsu:20170724092255j:image

 

バッグはマイケルコース、レベッカミンコフあたりが目立った気がします。ケイトスペードもあっただろうか…。

ロスはモノグラム具合がすごかったですが、こちらはさほどでもないです。マイケルコースとかはすごいけど。

 

 f:id:Rie_Yonemitsu:20170724092351j:image

 

こちらコスメコーナー。ロスのコスメはなにそれ初耳、が多いですが、ノードストロームはセフォラ、百貨店で扱われているようなブランドがあります。バーバリーのチークが投げ売りされていたのは結構びっくりしました笑。NYX、アーバンディーケイ、ボビイブラウンとか、アメリカブランドがメインですね。

ちなみに写真はトラベルサイズのミニアイテムのタワー。メイシーズなど百貨店でも見かけますが、かわいいですよね。値段も10ドル前後くらいなのでうっかり手が出そう。キールズのリップバームが7、8ドルくらいでした。

 

 f:id:Rie_Yonemitsu:20170724092324j:image

 

こちら靴コーナー。勝手はそんなにロスと変わらないです。数は箱がある分、そんなに多くはないかもしれないです。

 

f:id:Rie_Yonemitsu:20170724092508j:image

 

わたしはあいかわらずスニーカー専ですが、ナイキはエアマックス60ドル以下とか結構ありましたね。プーマもあったかな。スニーカーは狙い撃ちされてたのかあんまりなかったです。

普通の靴はチラ見しましたが、サルヴァトーレフェラガモ、バーバリー、ナインウエストなど。コールハーンとかもあったかと。

 

ちなみにこれはおまけ。

オフプライスストアって必ず、レジ前に食料品とかスクイズが積んであるんですよね笑。雑然としてるように見えて、ナイキとかコールマンとかのブランドスクイズがまぎれているので、ぜひチェックしてみてください。

 

f:id:Rie_Yonemitsu:20170724092543j:image

 

なんかもう免税店とか郊外のアウトレットいかなくても、オフプライスストアで全てがどうにかなる気がします。実際、正規品でのブランドショッピングは懐事情のこともありますがしていません。

ちなみに、これから書くブランドが特に好きな人はオフプライスでは満足できないので、アウトレットに行く方がいいです。なぜなら、オフプライスストアにほとんどないのでw

ラルフローレン、トリーバーチ、カルバンクライン、コーチ、マイケルコースあたりでしょうか。

ラルフローレンは全く一切見かけませんでした。トリーバーチ、カルバンクライン、コーチ、マイケルコースはアウトレット店舗がかなり大きいので見に行ったほうがいいです。

 

ちなみに…もう一つ海外大好き同期から聞いた場所で、TJMAXというワードにあるオフプライスストアがあるのですが、ここもめちゃめちゃよかったです。なんならわたしはそこでマイケルコース買ってますし笑。

それはワードをまとめることがあればぜひどっかでご紹介します…!

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。