読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






ITがラグジュアリーである時代、エルメスのアップルウォッチがつれてきた

必ずこんな未来がくる、アップルウォッチが始まった時に確信めいたものはありました。

しかし、よもやこんな形、こんな早くとは。


 f:id:Rie_Yonemitsu:20150911073521p:image


先日行われたアップルの新製品発表会。

iPadProとか、iPhone6sとか、AppleTVとか、色々なものが発表されましたが、個人的に目を奪ったのはこのコラボ。

Apple WatchとエルメスエルメスApple Watch用のベルトを売るというところであります。

Apple Watchでエルメスが着けられる! という、この歓喜たるや、ファッショニスタとしては黙っておれません。

ただ、まだ情報が大して無いらしく、オフィシャルな写真もさほどない状況。

 

Hermès - Apple(日本)

 
 

www.cafeglobe.com


確かに考えてみたら、ただエルメスブランドのベルトでApple Watchができるってだけなのでフーンっていうぐらいのレベル感のお話なんですけど、ウェアラブル端末が本当の意味で時計の場所を獲りにきたな、と感じているわけです。


長い歴史を経て、人々は時計に無上の価値を込めました。複雑な機構を持つ時計はとても高価なもので、腕時計で階級がわかる、どのくらいお金を持ってるかわかるとは、よく言われたものです。


安い時計がたくさんある今でも、その位置感は変わりません。男性は高い時計好きな人はほんにすきですしね。

かくいうわたしも持ち物にはそれなりのブランド…というか、もつ理由を求めるタイプ。

Apple Watchは気になれど、たった一つの左手首にする時計となると、Apple Watchよりいい時計があるなと思っていたわけなのです。使ってる時計はスイス時計なので、よっぽど何かないと変えるつもりがないのもあるんですが。

でも、エルメスなら、このウォッチに身を任せてみようと思ってしまいました。その高雅なブランド感を、時計として身にまとっていいと思いました。

これがまさにファッションってことだなと。身につけたい、そしてそれを身につけた自分を味わいたい、これこそがファッションが感じさせる欲望な気がする。

Appleが生み出した、所有することにひとつの意味をもつガジェットが、手に取ることに特別な意味のあるエルメスのレザーと出会い、このようなコラボか生まれたことを、心より祝福します。

ぶっちゃけ、Apple Watchの必要性は感じてないんですけど笑、ファッションアイテムとして引き入れてもいいものだと思いました。


ちなみに買うなら、やっぱりブルーがいいです。

白とかでないかなー。

f:id:Rie_Yonemitsu:20150911073538p:image 
ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。