服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






キビラのオーダーシューズへの感想、そして期待

(2015年1月9日加筆修正いたしました。この記事で当ブログに訪れてくださる方、本当にありがとうございます)
 
数年前、彗星のごとく現れたレディスオーダーシューズの店、キビラ。
ギンザコマツという、銀座のビルの会社が作った靴のブランド。
 
f:id:Rie_Yonemitsu:20140813224141j:plain
 
消費税改正前は、9990円でオーダーシューズがひとつ作れたんです。
皮をはいだらセミオーダーとはいえ、国産靴の銀座かねまつで作ったら3万スタートですからね。
すごい店だと思いました。高品質低価格を体現する会社で(アルバイトながら)働くわたしとしては、靴界の弊社! と大変尊敬したわけですが、しかしてその実態は…。
そんなキビラについて少しお話したくなったので、書いてみます。キビラの口コミってそう多くないですし、何か参考になればと。
 
ちなみに、キビラとの出会いはWWD。ファッションや美容関係の業界誌ですね。
 
エナメルのオーダーシューズを一足つくり、あまりの痛さにお蔵。
そのあとに買った既成のスペインジュートのスニーカーはまあまあよかった。汚れまくって今はお休みですが・・・。
 
いいところと、残念なところ。
 
いいところ
・オーダーシューズなのに安い

これにつきるような。オーダーシューズと言えば3,4万が当たり前。しかもホイホイ作れるような場所にはない。それをコンビニエントにしたという意味では革新的。オーダーだと店舗に在庫無くていいから小スペースでも出店できるし。

 

・足の裏が疲れない

(幅とかいろいろ問題はありましたが)中敷きは本当に優秀です。超高反発で、足をしっかり受け止める。キビラの靴を履いていて足の裏がしんどくは決してならなかったですね。

 

残念なところ

・値段に対してプライドなさすぎ

セールしすぎな感があります。既成靴もやっているのですが、去年ものはニーハイブーツ900円とかで売られています。割に、去年ものでもシンプルなものはそのままの値段だったり。オーダーだって、2000円オフとかは当たり前。

なんのために値段つけてるの? って気がしてしまいます。

値段の高さは決して正義でも善でもないし、安くても本当にいいものはあると思います。安くなるのはそりゃあユーザーは嬉しい。

ただ、手間暇かけてることを標榜しているオーダーシューズがホイホイ安くされたのでは、以下に話しますがある程度原価を抑えて、品質以外のところに利ざやとってんだなーと感じてしまいました。

・いいもの安くと言ってる割に合皮+エナメル

最初靴がオーダーできるというから、本革かと思ったら、合皮だったんですね。

そこまではいいんだけど、なんでほとんどエナメルにしたのでしょうか。スムースとかにすると一発で合皮がばれるからだと思うのですが、エナメルにすると窮屈すぎてはけないんですよね。ドレッシーだけど、幅広の人にはきつくて拷問道具のようです。それができるために幅も3種類から選べるのでしょうがそれどまり。

普通の靴屋が受けられる幅伸ばしとかも、エナメルだとたかが知れています。なじむということがあんまりないんですよね。

足のサイズに悩むひとに作ってるのに、余計悩まされるとは…と切ないです。

・接客が良くないことが多い

わたしが靴を作った時は立ち上げすぐだったからかもしれませんが、店員さんの質があんまりよくなかった。今はちょっとわからないですが本質はそう変わらないかと。

これは接客の好みかもしれませんが、なにを見てても完全ほったらかし。ずっと作業してて全く見向きもしない感じ。セレショもさほど接客しませんが、見てくれてる感は多少あるもの。一切なかったですね。そういう方針なんでしょうか?採用サイトを見る限りは接客に力入れてますと書いてありましたが…はたしてそうでしょうかねえ。話しかけたら対応してくれるけど、そんな遠巻きに囲んでる人に話しかけるのはなんだかいやです。

キビラのシステムとして、足の測定器に足を入れて図るオート測定なので、なんというか、ある程度知識やスキルがなくても足を採寸できちゃうのが痛いところ。これも立ち上げ当初だからでしょうが、若い人は足のことをあんまりわかってなかったような気がします。話しが通じなかった。

わたしは幅はわりと普通なのですが甲が高く、幅広の靴じゃないと結局足のサイドが痛くなってしまいます。店員さんだけのせいじゃないと前置きしますが、2EやEが当たり前な中、店員さんがSサイズ(M、Lとあり一番細い)の幅を勧めてきて試着。少し痛いかと思っても、はかった結果がそうならそうなのかなあ、じゃあこれがぴったりなのかなあということで決めてしまいましたが、もう後悔しかないな…。エステに行ったとかいろいろ原因はありましたが、もっと対話すべきだった。

実際にメジャーもって測れば、正確じゃないかもしれないけど足のことはもっと手に取るようにわかる気がするんだよね…。

 

色々とぐちぐち言いましたが、ひとえに期待が高かったから、こう残念に思うのであって。イージーな価格でできるレディスオーダーシューズは、本当に期待してるんです。だからこそ原価をやたらめったら下げるという方法で商売しているとだまされたような気分になるし、店員さんが残念だと腹立たしくなる。

こんど本革を始めるようですが、またエナメルKAYO-と心の叫び。

https://www.kibera.jp/images/news/20140813_1_news.pdf

これは一気に19900円とかからそのスタート。やっぱ本革じゃ安くはできないねということで、合皮とはいえ従来のオーダーシューズがどれくらいリーズナブルだったかわかります。非常にアイコニックな値段。

マーケットリサーチとして、オーダーのニーズを調べるという点ではよかったけど、いいもの安くを求めるならこの調子でもっといい靴作ってほしいと思う。まだまだ使命感の薄い商売をしてると思ってしまいます。

応援してるから口がすっぱいのです。すみません!

 

追記しますが、もし足をきちんと測ってもらって、足にあうシンプルな靴が手に入るなら、この会社はとてもいい会社ですよ。たぶんわたしのこだわりがきついだけで、多くの人にはいいものを提供できるんだと思う。

そのポテンシャルがあるからこそ、もっと上を目指してほしい、ファストオーダーで安っぽい感じに終始してほしくないと思ってます。

 

書き散らしてしまった。

 

●追記●

このブログでの他のキビラ記事はこちら。

今ご覧の記事を書いていた時はしばらく行ってなかったのですが、この記事の人気を受け、ついに行ってみたらこうなった。


キビラシューズサロン感想と考察。接客ってなんなのかって話。 - 服オタ女子大生・よねぴーの守美範囲

 

●その他おすすめ●

靴も含んだコーディネートなどを日々発信しております。

・コーディネート系記事一覧

Fashion カテゴリーの記事一覧 - 服オタ女子大生・よねぴーの守美範囲

靴についての記事、悩みに対する試行錯誤もし続けております。

・靴関連記事一覧

Shoes カテゴリーの記事一覧 - 服オタ女子大生・よねぴーの守美範囲

 

よかったら購読してくださいませ。

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。