服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






前途多難バンコク旅行@たった二日だけどAirbnbでステイしたバンコクの街、オンヌットを紹介

部屋をちゃんと紹介したかどうか定かではございませんが、

今回のバンコク旅行ではAirbnbを活用して、現地の高級コンドミニアムに泊まりました。

交通の便最優先! というよりは、実際に電車をつかって、地元の人のように動き回って見たいというのがあったので、利便性を求めすぎずに選んだ場所がオンヌット。

中心街には15−20分くらい電車でかかりますね。ただ駅前にスーパーがあったりして、買い物周りは便利そうだなということで、地図を見て決めました笑。

29階なので眺めが良い。

 

 

朝はこんな感じ。高級コンドミニアムがどんどんできている土地みたいで、目立つ建物はだいたいコンドですね。

手前の平たくて大きい建物はあとで紹介しますが、BigCというショッピングセンターです。イトーヨーカドー的な。

 

 

ストゥーディオ形式のシンプル1LDK?の部屋は北向き。北向きの家に住んだらこんなに暗いのか…と認識した次第ではあります。バンコクの場合は基本が暑い国なので、あえての北向きというのも悪くないかもしれません。あ、でも湿気は余計こもりそう…。

ちなみに海外あるあるですが、洗濯機はだいたいランドリールームでやるタイプなようです。

 

朝ごはんは今コンド1階についてるセブンイレブンで購入。

鶏肉ともち米のご飯でした。なんかとりあえずチキン食べ過ぎでしたね。

 

 

飲み物はセブンイレブンで買った粉末緑茶付きのミネラルウォーター。まあ要は自分で作るお茶ですね。普通の水も買っていたのですが、朝というよりは沸かして飲むお茶用に意識して買ったのですが、夜は疲れ切って即寝落ちしてしまい、沸かしたお湯も役に立たなかった…。

 

 

ちなみにテレビは点かず。

アンテナ入ってません的なことを言われました。この左隣の子は仕事をしていないのだろうか…?

 

 

おうちにあったカトラリーで食事。

セブンイレブン、安定の美味しさ。スティッキーライス(もち米)はタイではポピュラーなんですかね。ちょっと不思議だけど、甘辛いのが合って美味しい。

 

 

カスタードポー(custerd pau)を食べる。とろ餡ではないけど、たまごまんは基本的に美味しい。早く日本でも発売してください。

 

 

今までの写真は土曜の朝の、ムエタイ教室に行くまでの朝風景です。手早く準備して外に。

驚いたんですけど、タイってコワーキングスペースがすごくたくさんある!

家の近所にもこんなのがありました。

 

 

見えませんが、12時までやってるみたいです。よく見たらホステルもあるのね!

後から調べたらホームページもとても綺麗でした。

 

trica-hostel.com

 

正直家のネット環境が壊滅的で、ネット不自由はしていたので、ここでバリバリ執筆したろかとも思ったぐらいです。実際そんなに時間なく、やめましたが。

バンコクの中心街にも、こんな感じのコワーキングスペースが本当にたくさんあって、カフェ並みにあると言っても過言ではないくらい。

日本のパワーブロガーさんもタイに行っている方がいるみたいで、安全が確保できさえすれば、どこでも作業ができて物価が安いというのは、フリーランサーにはとてもいいかなと思いました。

今度は海外でふつーにブログ書きまくるというのをぜひやりたい。ハワイくらい時間がないと無理かもですけども。

 

 

ちなみにオンヌットはスーパーもありますが、こういうローカルな商店街も大充実しています!

あえて町歩きをしたいと思って駅徒歩10分にしましたが、こういうのがみられてほんと正解でした。

実際に買い物はしませんでしたが、現地の暮らしが垣間見えるのは楽しいですし、興味深いものです。これは嬉しい誤算というやつでしたが、オンヌットに滞在したりする人はチェックして見てくださいね。

 

 

食料品とか、薬局とか、明らかにパチモン感のある電子機器とか売ってます。

まあたまに、公衆トイレ…って感じの匂いのする場所もあります。発展途上国あるあるということにしておきましょう。

 

 

これは夜、初日に撮った写真。コンクリ舗装されているのですが、結構水はけが悪い気がする道路。旅だから当たり前かもですが、綺麗すぎる服や靴だとちょっと後悔するかも。

 

 

こちらはコンド近くにあるBigC。夜10時まで営業。

入るとフードコートや衣料品のお店が手前にありますが、2階は普通のスーパーです。

海外だといつも、大きすぎるカート、大きすぎる商品に驚くのですが、どこが一体基準なんでしょうか?

タイは乳製品とか洗剤とかどでかい系の国です。アメリカやオーストラリアと同じ。

韓国はスーパーに行ったことないですが、日本と同じサイズなのかな…?

サイズ感の違いなどはあるとはいえ、こんなにアジア人同士でも違うものなのか…笑。

何を基準に作られているのか気になります。

 

 

オンヌット駅のすぐ近くには商店街が。ちょっと怖い感じがして、結局昼も行かなかったのですが、地元の人の台所的な場所という感じ。

アーケードみたいなところも含めると、かなりの量があるみたいですね。

 

 

駅の階段上から見えたテント街みたいなところは、これもまた市場みたいな感じなのでしょうか?

ご飯を食べてる人がいたり、野菜の屋台が出ていたりしました。結局近寄ってないですけど、こういう手軽に外食できるところが多いと、家でご飯を作るなんて文化がなさそう。コンビニよりも罪悪感がない感じがしますしね笑。

 

 

駅前にはテスコロータスというスーパーがあります! 庶民派の大型スーパーで、駅直結で11時までやっていて行きやすいです。駅からすぐのところにはフードコートも合って、チラ見えしてますがマックなんかもあります。ただ、フードコートはスーパー自体よりすぐ閉まります。

テスコロータスは後ほど紹介しますが、生鮮品とそれ以外のレジがわかれているらしく、食べたかったプラムをレジで没収されるという珍事が起こりましたので…買い物される場合はご注意です!

 

 

オンヌット…もっと暮らしてみたかった! オンヌットに限らず、バンコク旅全般がそうなんですけども。

コンドがたくさんあるだけあり、スーパーもコンビニも多くて生活不自由せず、特に私の場合は裏道みたいなところでなく大通り沿いを帰ることができたので、治安的にも安心できました。

奥まってるコンドに滞在する場合は注意が必要かもしれません。大体は大通りに面してた印象ですが!

ただ基本的には、民度の高い方が暮らしている印象なので、道中の物乞いみたいな人、いきなり話しかけてくる人なんかに注意すれば、あまり不安はないように感じました。

オンヌットのエアビー滞在、ちょっと時間に余裕があって現地を楽しみたい方にはおすすめです。時間が少ない方は、なるべく駅に寄るといいと思います。時は金なり!

 

バンコクに限らずたくさんの国で今はエアビーがありますので、旅するときにぜひ!

3500円分(!)の旅行クーポンがもらえるみたいですので、ぜひ登録してエアビー体験してみてくださいませ。

 

www.airbnb.jp

前途多難バンコク旅行@タイの交通手段がアトラクション並! エキサイティングなタクシーたち

タイってなんてエキサイティング。それを実感したエピソードが交通手段ですね。

確かに気づいてはいたんですよ。到着してからウーバーを使うとき、車を選ぶ画面でバイクがありまして、ん?と。

そう、タイはバイクタクシーというものがあるのです。

 

 

同道してくれた日本人のお友達はバイタクなんて読んでましたが、まあそのままバイクのタクシー。日本で想像するタクシーよりも当然やすく小回りもきく、ポピュラーな交通手段の一つです。

荷物が重いと危ないのですが、ショルダーとか軽い荷物だったら大丈夫。

一駅ぶんくらいサクッと移動するときに使おうかということになって、乗って見ました。

交渉が必要ですが、タイ語でお友達がやってくれました。マジイケメン…。

ポケットの中身を出してカバンにしまい、しっかりとチャックを確かめてから乗車。

 

 

走り出してから、そういえば二輪初めてだったわ!!! と思ってビビりまくるよねぴー。おにいさんニコニコしてるしわたしは首にかけたスマホを持ってますが、この時はマジで振り落とされて死にそうな勢いのタイミング。

 

 

車近っ!!

もともと交通渋滞がすごい発展途上国ならではなのですが、車多いし車間狭いし、もうこの時はとりあえずしがみつくのに必死。カメラを構える余裕すらない。首に下げていてよかった…。

 

 

ちょっと慣れて来てやっと撮って見た時。この正面のせまーい車間をスルーして入っていくんですよ、なんかもうそれだけで考えられない。本当にちょっとでも傾けば、隣の車に激突しそうな感じで、わたし死ぬかもと5回は思いましたね。

 

 

これは後ろから撮られている図ですね。バイクが小回りが利くのは、こういう車間をすすっと抜けられるからという所以なんですが、日本でそんな運転してる人なんてあんまりいないので、もうここを通り抜けるだけで肝が冷えまくりでした。

風もあるし遠心力的なものもあるので、慣れない人は振り落とされないように必死というのは全く恥ずかしくないと思います。

 

ちなみにちゃんとした写真もないんですが、トゥクトゥクも乗りました!

これもオープンエアーで、トゥクトゥクと可愛く走っていくのかと思いきや、ディーゼル的なものでブルルルルーンと結構な速さで走っていって、車というよりはバイクに近い乗り心地でした。基本的には観光用の乗り物なのでとても安いというわけではないですが、交渉次第では安く行けるかも。

こういうところにやたら活力を感じますね、タイ。

 

タイの電車にも乗りました。滞在したのはオンヌット駅というちょっと郊外の駅が最寄だったので、BTSというタイの鉄道を使って市街地まで出て来ていました。

ちょっとこのへん写真がぐちゃぐちゃですが、こちらはMRTという地下鉄です。地上か地下かで二種類の言い分けをするみたいです。

 

 

基本的に駅内は綺麗ですが、トイレが見当たらないこともあったり、構内飲食禁止(なのに改札の目と鼻の先にジュースやコーヒーを売っている)などということもあるので、若干注意が必要です。

 

 

こちらはBTSオンヌット駅。撮影したのは夕方から夜にかけての平日の時間ですが、めちゃ混み! 東京とそう変わらないくらい混んでいましたね。

ただ満員電車に乗ってみると、心なしか東京よりは人と人の間に距離感があるような気がしました。普段埼京線とか東横線とか混雑のきつい電車に乗りすぎて、慣れてしまったのだろうか…笑。

 

 

なお、地下鉄に乗るときにはスイカのようなカードがあります。BTSはラビットカードと言います。MRTは別のカードがあったんですが、忘れてしまった…。結局そちらは買わず、BTSのカードだけチャージ式のを駅の改札で作りました。券売機じゃダメだったはず、確か。

二日なら40バーツくらい入れておけばいいのではと言われ、だいたいその通りでよかったです。あれ、400かな…単位忘れた…。

 

 

 

電車の外観。自動ドアが整備されている駅も多いです。が、結構乗り込んでるときでも平気で閉まるので、このドアに挟まれないように注意です。わたしは挟まれかかりました。

日本はなんだかんだ言って待ってくれるので。

交通広告は、飛行機、通信会社、食品とかが多かった気がします。電車の中はデジタルサイネージや音声付きの広告が流れていて、日本のような静寂ではない感じです。

広告がポップというか、華やかなのはタイの特徴ですね。

 

 

BTSの顔。これを撮るのは何気に大変でした…。

あまりアナウンスとかなく、ススーっと入って来てしまうので。

 

 

駅の売店。ちなみになぜかわかりませんが、駅構内にはキオスクぐらいの面積のスポーツ用品、フリップフロップ、ランジェリーショップなど、なぜそこにあるのかあまりピンとこないショップがたくさんありました…笑。駅ごとに違うのでこれは面白かった。

 

 

これはホームドアのないタイプ。スマホ会社が目立ちます。ギャラクシー、ファーウェイとか。

 

ちなみにトゥクトゥク以外にもありますよ。路線バス!

 

 

軽トラ? と思ったそこのあなた。

タイではこれが路線バスなんですよ。停留所らしい停留所もないのですが、一定のルートで回っていて、手をあげてのって、値段交渉するらしいです。トゥクトゥクなどと違って乗り合いのタイプ。

どの国に行ってもバスは四角かったですが、これだけは違った…。

地元の人ですらどうやったら停留所を覚えるのでしょうね? 全くわからない…。

 

ムービー編集できたら、この辺の乗り物系は紹介していきたいと思います!

気長によろしくお願いします。

 

 

 

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。