服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






贅沢シンガポール旅行@ラッフルズホテル&ラッフルズマーケットプレイスで都会の洗礼

なぜこんなに写真を撮って何も記事を書かなかったのか? 不思議なほど、シンガポールはトピックに事欠かないにぎやかな街です。

ラッフルズホテルとラッフルズマーケットプレイスという併設モールをご紹介しますが、写真が鬼多いので、速度制限の方はご注意ください。

 

ラッフルズホテルは、ガイドブックにも乗る有名なシンガポールのホテルです。西洋を思わせるたたずまいが美しく、品の良い高級ホテルです。

 

 

前回はマリーナベイサンズがアイコンだといいましたが、それまではきっとこのホテルがそうだったんじゃないかなと思います。シンガポールのど真ん中は金融街、ウォール街のような感じで近代的な建物が多いですけど、プラナカンとか、いわゆるシンガポールのトラッドなものはかわいらしい印象なので、あんまり鋭くは感じないですね。

 

 

タワーなどではなく、クラシックな平屋風の建物。高層ビル勤務とかしてる自分には逆に新鮮ですな!

 

 

わたしは基本ノンアルコールちゃんなのでお酒にはまったく興味がないのですが、このホテルはシンガポールスリングという、有名なカクテル?の発祥の地だそうです。

 

 

お土産屋さんの手前。お土産屋さんの内部を撮ったつもりだったのに、撮ってなかった…。

バッグとか、エアメールポーチ、食べ物とか、いろいろありました。

結構見た目はかわいいんですよ。白とブルーで水兵さんのセーラー服を思うコントラストなんですが、なんかこう、無駄に割高。

シンガポールあるあるなんですが、なんかこう、日本のこうかな? と思う相場観から1.5倍くらいの費用感なんですよね。

うーんかなしい。

ホテルを出て、周囲をちょっとウロウロ。いいごはんどころを探していたのですが、なんかあんまりそそられるものがなく困っていました。

迷い込んだ路地裏。

 

 

無機質に回る室外機がなんかこう、ものすごくアジアを感じさせられました。表から一本入ったくらいなんですが、雑然としている感じが。

 

 

近くを歩いたら慰霊の塔を発見。もう少し近づいた写真は別でシェアします。

 

ちょっと雨に降られながら、近くに見つけたショッピングビルへ飛び込み。ラッフルズからはちょっと離れていましたが、ラッフルズマーケットプレイスというモールでした!地下はフードコート、地上階は洋服などのモールでした。

 

 

シンガポールのモールは、かなり清潔感がありますね!

流石ガムをペッとしただけで捕まる国なだけはある。アジアをあんまり旅行したことがありませんが、他国の高級モールのきれいさが普通のモールになっている気がします。

今回はランチに訪れたので、フードフロアから行きますよ!

大量なのでザッピング方式で。

 

 

カフェはどことなく洋風。オーストラリアにも似てますね。アーチの感じとかアジアっぽくない。

 

 

和洋中、ほんとになんでもそろっています。国のバックグラウンドがそうさせるんでしょうが、日本以上にミックスな品ぞろえですね。

 

 

なんでスチューデントユニオンセットなのかはわかりませんが、洋風系のフード。

 

 

いろいろ回って最終的に実はここに落ち着いた、点心のお店。

中華料理といえば点心・飲茶!というくらいそれはもう大好きな点心。特に左にあるcusterd baoが、日本に持って帰りたいぐらいおいしかった

詳細後述!

 

 

汚い映りですがw 日本にもあるロイス。というか、日本か。

 

 

4か月も前だと本当に思い出せない…。スクエアっぽいピザのようです、拡大する限りは。

 

 

物価チェックは、日本のものと値段を比べます。9ドル、高くない!?

当時のは忘れましたが、この記事を書いてる今現在のレートである1ドル83円を当てはめると…747円。うーんちょい高ってことなのか?日本だとゴディバのショコリキサー600円ですよ。為替をのぞいて考えると、やっぱ高い。ちょい高。

 

 

香港などにもあるドラッグストアのワトソンズ。中の写真はちゃんと撮っていませんが、日本にないものたくさんありましたね。もはや…おぼえてないけど!

 

 

コールドプレスジュースっぽいスタンド。シンガポールなら生っぽいものを飲んでもおなかを壊さないかも!!

あったかい国はフルーツたくさん摂れるから好きです。

 

 

ベーカリーもあります。さすがにウィンドウでは入れませんでしたが!

あんまりベーカリーない印象ですが、主要炭水化物はなんなんでしょうね。中国っぽく米? 東南アジアっぽく麺? ちゃんと注意してみてくればよかった…。

 

 

バクテーと書いてあることしかわからない中華料理店。バクテーはシンガポール風の煮込み料理です。肉骨茶って。笑

 

 

こちらはサプリメントやさんかお茶屋さんですかね? 真ん中の紅燕を見ると、ツバメの巣しか連想できない…。

 

 

なんなのかわからなくって調べたら、ランプベルジエというアロマランプ?のお店でした。その名のとおりパリ発祥なんですかね。

シンガポールのこのいろいろなんでもな無国籍感が好きだー!

 

 

サプリメントショップ。当時は身体磨きやり直したてでプヨってたので、あんまりちゃんと見れず。ただやっぱりあれですね、プロテインはドカーンサイズですね笑!

 

 

ハワイでも見かけたダニエルウエリントン。ネットでも買えたりセレショにも置いてあったりするので、逆に店にはあんまり立ち止まらないのでは…?どこでみてもしょんぼりなこと多しです。

 

 

市内のいわゆるスーパーにはちゃんとよらなかったんですけど、こういうモールにはミニスーパーがついてるみたいです。マリーナベイサンズにもありました。

店頭にはいきなり日本酒キットカット笑。羽田で飛ぶ時見ました。あとは生鮮がだーっとならんでいますが、やっぱりあんまり安くはないですね。

 

 

ガーディアンという薬局。薬局のものでいうと、東南アジア圏ではタイガーバームが有名ですよね。見かけなかったわけでもないと思うんですが、探していなかったからか印象にないです。次タイ行くとき探して来ます!

 

 

日本でいうエスニック系のレストランも充実!

タイ料理もありますし、日系の丼だか麺だかのチェーンもありました。写真撮ってないですけど!

 

ちなみに先述の点心屋さんに入って、改めてメニュー物色。

 

f:id:Rie_Yonemitsu:20170922092615j:image

 

香港マカオ旅行をした時、まるで旅行感受性がなさすぎたのと時間がなかったので、こういう点心とか飲茶とかをちゃんとできなかったことがものすごい後悔だったんですよ。

だからこそ、やっぱ点心でしょ! と。

目にとまったのは真ん中あたりにある、黄色い皮と餡のたまごまんてきなもの。日本で見たことなかったのでわかりませんが、custard baoですよ。ところによってはpauとか書いてありますが。

ほかにもこんなおすすめが。

 

 

一口…ショウロンポウじゃなくていわゆる肉まんですよね。

ミニにしては高いなと思って頼んだらこんな感じでした。

 

 

ふつうにコンビニの肉まんサイズやないかーい! これにみちっと肉が詰まっていて、ジューシー! まあそれでも値段は高い気がする。

断面を撮り忘れたのですが、たまごまんも! 甘いのかと思いきやそんなことなく、控えめ。たまごの餡の部分が卵黄みたいにトロッとしてて、たまご好きは悶絶級の美味しさかと。

あー書いてたらシンガポール帰りたくなってきました!!!

ほかにもシュウマイとか頼みましたが、先にかじっちゃって汚いのでフェードアウトで。

 

f:id:Rie_Yonemitsu:20170922093603j:image

 

ちなみに値段ですが、たまたま撮影してたものがあったので公開。

二人でトータル15ドルのお食事!!

ひとりあたり40か50ドルだったマリーナベイサンズ朝食会場とは全然違いますね。

モリモリ食べてひとりあたり15ドルとしても、物価の高いシンガポールでは割と安く上がってるのでは。

 

 

この辺でモールのフロアに移動。

日本も海外のブランドはたくさん出していますが、シンガポールはそれ以上! 欧米のものもアジアのものもあってなんでもある感じ。もうちょい物価が安ければ、もっと買い物し放題なんでしょうが。

 

 

サコール? メンズっぽい。

 

 

Jack Willsというブランド。日本は夏目前、シンガポールは既にムンムンな時期だったので、涼しげなルックがどこも多かったです。

このブランドは英国ブランドかな?

まあ高かったですけどねw

 

贅沢シンガポール旅行@マリーナベイサンズがハイクラスすぎてびっくりした件

旅行ブログもうネタ切れか? と思ってたそこのあなた。

残念無念、まだあります。といっても月末にタイに行くまでは正直ネタもないので、以前のブログの復刻版をやりたいと思います。

フロム…シンガポール!!

今年の5月なんでつまり当時はブログをやる気が減退していたこともあり、しょんぼりブログだった時期。というかまあ、日常にネタがさほどなかったとも言える。

7月に海外旅行に開眼しちゃって、以降は少しずつネタを吐き出して生きています。

またタイ旅行を計画してはいるのですが、その前後の予定が11月まではないので、ちょっと予定的に間延びするかなあと。ということで、写真は山ほど取ったのに、全然ろくなブログを書いてなかったところを思い出し思い出し書いてみようかなと。

10月はねさすがにね…お休みしようかな! 12月は会社の繁忙期なのでしんどいかも。年末は超高いし。

 

 

シンガポールチャンギ空港から市街への眺め。毎回海外で、空港から市街に向かうときはドキドキします。

今回の旅行は金曜夜発、月曜夜帰りという日程、だったはず! 2泊4日ですね。

今だったら月曜朝帰りとかふつーにやりますが、行ったときはゴールデンウィークかつ、家族の旅行だったので色々都合があったのです。

今回の旅行の目玉はこれですよ。

 

 

シンガポールを代表するホテル、マリーナベイサンズ!! 贅沢すぎるカジノ、ショッピングモール、そして宿泊客オンリーのインフィニティプール!

都会を満喫できるリゾート感最高ですね。

両親とわたしとで行った旅行で、このときはまだあんまりわたし自身、旅行に興味なし。都会で買い物できたらいいやぁぐらいの感じでした。

 

 

シンガポールだけではないですが、自身のない国は建築物が大胆。客室塔の二つの足元にかかる、ロビーフロア。ガラス張りなところは温室みたい。

 

 

ここに朝食会場もありました。ちょっとだけあとで紹介しますね!屋内ですが、グリーンもあってひたすらにセレブリティを感じます。

 

 

客室はシンプルですが、大きなベッド、デスク、テレビ、シースルーのバス&トイレなど笑。ムービーでしか撮ってなかったので、機会があれば公開したいと思います。部屋は二人用ですが、チェックイン後に係りの人がエクストラベッドを持ってきてくれました。それでも全然粗末じゃなかったし、よく寝れました!

窓からはシンガポール植物園が見渡せます。確か20階台だったような。インフィニティプールのある屋上に行くには、より高層行きのエレベーターに乗り換えないと行けなかったです。

 

 

シンガポールといえば! のTWGのティー。お部屋にもごく普通にアメニティで置いてありました。製品版だと布のティーバッグですが、アメニティ用は簡素なのか、日本でもよく見るようなティーバッグの形をしていました。それでも味は美味しかったですよ!

 

 

面白かったのがゴミ箱。ホテルのゴミ箱なのに分別スタイルになっているのはちょっとレアですね。

 

さて、ここからはマリーナベイサンズの朝食を紹介します!

高級ホテルさすがと言わんばかりのゴージャスキッチン!

めっちゃ高かったですけどね…幾らかは具体的に忘れましたけども。記憶的に一人5、6000円くらいした覚えです。

 

 

開放的な雰囲気のダイニングルーム! 高級そうな食べ物が並びます。

 

 

グリーンがもう、ダイレクトにグリーン。海外あるあるですが、海外の野菜は本当美味しそうに見えます。シンガポールはほぼ輸入らしいですけども笑。

 

 

温菜コーナー。アジアでは大体こんな感じで、手前に辛いソースがセット。

 

 

フルーツポンチと生フルーツ。シンガポールは亜熱帯性の気候なので、トロピカルフルーツが豊富です。最近オーストラリアも含めて、ほんとあったかい国しか行ってません笑。

 

 

中華圏などでは大体見る中華粥コーナー。シンプルな白いおかゆに、辛いソースやお酢などを自分でトッピングします。

 

 

こちらはパンコーナーですね。最近は海外でも大体米食ですし、家では積極的に玄米を食べているので、パンを食べるチャンスはあんまりないですね。

しかしこういうのを見ると毎回惹かれますよね。

 

 

ペストリーもこんなにたくさん、美味しそうすぎ!

 

 

またしてもフルーツ。日本でポピュラーなものもありつつ、なかなかたくさん食べられないので、こういうところではガツガツ取ってしまいます。フルーツは個人的に太りやすい食材ということが海外生活でやや証明されつつあり笑、夜は控えますが、朝に寄せて食べるようにしています!

 

 

旅のむくみを取ってくれるカリウムが多いフルーツは積極的に。スイカ、メロンのような瓜は定番ですね。あとはチャレンジしてみたかったスターフルーツ。あんまり味を覚えてない…。

フルーツはもう一回ぐらいおかわりしたと思いますが、タンパク質、おかゆ、フルーツと大体シンプルに頂いてこんな感じです。

あとで見てて思ったのですが、多分サラダも別皿で食べてますね。

 

腹ごしらえをしてから、名物のインフィニティプール直行。食べてお腹が出ても気にしない! …と言うか、このときは正直そこそこ迫力のある胴回りだったので、お腹が出るどころの騒ぎじゃなかったですね。

 

 

ちょっと曇り空ですが! インフィニティとは、プールのヘリが無いように見えるタイプのプールのことで、街に水がこぼれ落ちて行くような、なんと言うか贅沢な錯覚に陥るプールです。

宿泊客オンリーのため、シンガポール旅行なら1泊はここに泊まる! と言う人も少なく無いようです。

ありがたいことに2泊させていただきましたが、プールは朝行った一回きりでした…笑。温水じゃないので夜は寒いですしね。

インスタにムービーあげてますのでよかったらどうぞ。3つのビルにまたがるような仕様になっているため、ものすごくだだっ広いです。

 

インフィニティプール 都会の空に融ける地平線#singapore #marinabaysands #infinitypool

 

ちなみに…インフィニティプールは東南アジアの高級コンドミニアムでは結構人気の設備のようで、エアビーで見る限りだといくらかありました。この絶景を1回は楽しんだら、確かにもういいかなーと言う感じですね笑。

 

 

水着が欲しかったらプールのそばでも買えますが、まあ、緊急事態以外は街で買ったほうがいいのではと思います。

 

ではプールを降りて再びロビーフロアへ。シンガポールだけなのかわかりませんが、「ホテル土産」が結構ありました。別記事で紹介する名門・ラッフルズでもありましたし。

マリーナベイサンズお土産ショップ!

 

 

シンガポールあるあるの割高さでしたが、ロゴ入りのこう言うアイテムは好きな人は好きかもですね。バッグ、Tシャツ、帽子など。

 

 

限定商品なのかはわかりませんが、パリブランドっぽいバッグも。サブバッグ用ですかね。

 

 

ちなみに母が確か、Tシャツか帽子かのお土産を弟に買っていたような。バッグはちょっといいかもと思ったのですが、20−30ドルくらいで、コスパ悪いなあと思って買いやめました。

 

 

レゴ…ではないと思うのですが、マリーナベイサンズの建物自体のミニチュア。なんて言うのか忘れましたが、目の前の運河、ホール、ショッピングセンターもセットですね。

 

 

別のミニチュア。

 

 

お土産バッグは、クラッチ、ポーチ、トートなど、シンガポール!! って買いてあるものもありました。一番右奥のものは結構デザイン的には好きですかね。ネイビーなだけ?笑

 

 

ちなみに、チェックアウトするときはこんな感じで超簡単でした。

 

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。