服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






アクティビティとシティを楽しむバンクーバー旅行@カナダで大発見!ランジェリーブランド・ラヴィアンローズ

下調べをした中ではあんまり琴線に引っかからなかったのに、お店を見つけた瞬間好きになっちゃったブランドというのがありまして。

今回のバンクーバー旅の場合、それはラヴィアンローズというランジェリーブランドでした。

北米といえばヴィクトリアズシークレットが王者たる下着ブランドですが、ラヴィアンローズもなかなか悪くないんじゃない? と思っています。

何より、あまり多数の国に展開していないのでレアリティが高い。

フランス語名なのとフレンチシックな、ちょっとパウダリーな感じなのはきっと関係があるんじゃないかな。だからこそ同じ英語圏にあるブランドなのにヴィクシーよりコケットに感じる。嗚呼言葉って罪。

 

 

入り口すぐはセールコーナー。若い女の子のルームウェアがずらずらっと。かなり安い…。初日に部屋着で服を買っていたんですが、こっちで買っていた方が断然良かったじゃないかーと激しめに後悔しました…。

それになんか、安そうだけど可愛いし。

 

 

4Freeってのは、4つ目タダ的なそういうやつです。小さく控えめな When you buy three。

4枚持ってけ泥棒! ではありませんよ。

パンツはチーキーもあるし、タンガもあるし、シームレスタイプも。どっちかというとレースが多いヴィクシーより、シームレス・プリントとか、ちょっと履きやすそうなカジュアルパンツが多かったかも。

パンツ一枚あたりはヴィクシーよりちょい安と言った具合。

 

 

モフモフスリッパも売ってます。

 

 

スリップやレースのガウン。真ん中の水着みたいなのは…まあボディスーツです。ボディスーツのメリットは体型補正だけじゃなく、パンツスタイルからショーツがぴょこん、みたいなのがないことです。日本だとおばちゃんの下着という感じですが、欧米では全然珍しくないみたいで、結構ポーンと置いてあってぴっくりします。

レースガウンは普通に安くて可愛いしで、ちょっと欲しいなと思ったのですが…使い道がないよなあと思ったのでやめました。

 

 

そして水着が鼻血級に可愛かった。ヴィクシーより清楚なのに大胆さもある、ちょっと罪なブランドです。

ワンピースだけでカットが深くて、隠れてるのにセクシーという大人の魅力すぎる感じがすごい。

 

 

若めのビキニやビーチグッズも手抜きなし。絶妙に日本では手に入らないフェミニンデザインです。最高!

ビーチオーバーウェアも端正でなんともいえず良い。

 

個人的にはこの紫のペイズリー柄を買わなかったことを後悔している。

エミリオプッチみたいで素敵だったのに…!

 

 

胸元をハイカバーするタイプのビキニもあって、なんかもう何買ったらいいの?全部? みたいなそういうテンションになりました。

柄的には右下の花柄ストライプが好き。

あとは意外と日本で見ない、太めのマリンボーダービキニ…!

 

 

女優すぎてかぶる勇気がない幅広の白い麦わら帽子。この時一定額以上買うとノベルティとしてプレゼントという建てつけだったらしく、結構すごいなと思いました。普通に買ったら20ドルちょっとかな。全然かぶるあてもないのに美しすぎて、うっかり買うところだった…あぶな。

 

 

フレンチの香りを感じるセクシーなランジェリーや水着が欲しい人は、カナダだったらラヴィアンローズかなー。個人的にはヴィクシーより全然好き。

 

以下おまけ。

カナダの国民的ファッションブランド、ルーツ! こちらもロブソンにあります。

 

 

シグネチャーのビーバーマークや、カナダ国旗でもあるメープルのマークが入ったアイテムが多いですね。

カナダでは高校生が制服と一緒に着たりすることもあるのだとか。

 

 

ちなみにバッグとかも売ってましたが、こちらはブランド全体と比べてちょい高な印象をうけましたかね。

カナダに暮らしていたら一枚は持ってそうな服かも。

個人的には日本のユニクロポジションというか、もっとダウングレードなしまむらか、アメリカンイーグルかなという位置付けじゃないかと思ってます。

 

 

おまけ。バラードストリートを挟んだこれまた一等地にヴィクトリアズシークレットもありまよ。坪は全然大きいです笑。

実際、カナダ物価で帰るのでアメリカドルで買うよりやすかったりします。同じものなのに…! もちろん、買って帰りました笑。

 

アクティビティとシティを楽しむバンクーバー旅行@ロブソンとドネーションヨガ

キツラノから帰った後の話は結構さっぱりです。

カットしてもよかったけど、ヨガのことを書きたいし、翌日はシアトルに行ってしまったので(写真的に)きりが悪く…ということで。

街の風景をサクッとザッピング。

ヨガがロブソンより東のストリートで開催だったので、キツラノから自室を経由し、チャージするまで鉄道の駅まで歩いて、チャージしてからはまた歩くことに。

なんか、街を東西に移動するのはバスが相性いいときと、そうでもないときとあるようで笑。

結局ぷらぷらウィンドウショッピングをしながら会場まで行くことにしましたよ。

 

バンクーバー道が広くて名古屋みたい。街路樹も美しい。

 

 

ロブソンの中心街にある屋台。ジャパドッグっていうのですが…要はホットドッグ?

日本人がやってるんでしょうね、やっぱり。

 

 

まさかこんなしょぼい写真しか撮れないとは…て感じだったんですが、カナダを代表するブランドの一つ、ARCTERYX(アークテリクス)。

数少ないカナダブランドを渡航前に調べる中で知ったブランドです。

要はノースフェイス的なアウトドアブランドですね。

冬の寒さが厳しく、雄大な自然が残る環境下では、やっぱりアウトドアブランドが育ちやすいのでしょう。

ロブソンに確かあったので、チェックしたい人は行ってみると良いですね。

 

 

お犬様も連れて入れるカジュアルさがカナダですね。

ちなみに970 ってのは番地です。アメリカもそうですが、建物に必ず番地が振ってある。

 

 

ちなみに…ロブソンはおしゃれストリートではありますが、いわゆる表参道とかそういうところより、もっとカジュアル。ロブソン×バラードのもっとも賑やかな交差点はファッションストリートみたいな感じですが、ここを起点に東に行くと百貨店や美術館、西に行くと多国籍飲食店やスーパーが並ぶような感じになり、一概におしゃれストリートというと語弊がある感じです。

 

 

ハワイにもシアトルにもあるフットロッカー。日本でいうABCマート的なあれです。フットロッカーやらスポーツショップやら、ロブソンから東に行ったあたりにたくさん集まっているので、スポーツアイテムを買いたい人には楽しい場所になるに違いないです。

 

 

こちらはバンクーバー美術館。村上って龍ですかねっていう感じ。

時間があったら寄ってみたかったけどちょっと今の今は時間がとれなかった。

 

 

外観を撮り忘れたけどもノードストローム。

米国有名百貨店ですが、かなり閑散としている感じ…。

ハワイですらノードは混んでいるとは言い難かったし、こういう市街にくると余計そうなのかな。

 

 

母の日が近かったのでクリニークがキャンペーン張ってました。あくまでも通り抜けるレベルにしかみてませんが…!

 

 

ギャップの廉価版ともいうべきオールドネイビー。日本はさっさと撤退してしまいましたが、今でも海外に行く人はオールドネイビーが好きな印象あり。日本でいうユニクロに対するジーユーのような感じです。

ちなみに北米圏では、こういうなんでもないブランドがちゃんとスポーツウェアを扱っていて、みるのが楽しい。

 

 

街の写真を軽くとって雰囲気味わったところで、いよいよヨガ会場へ。

飲食店の多い道を抜けて。

 

 

なんとなく美しい夕焼け。7時前くらいなんですけど全然こんな明るさ。

暗いと治安が不安になる海外で、昼の明るい時間が多いのはとてもありがたいことです。

 

 

やっとヨガの場所に到着。写真奥にいる金髪の女性がヨガの講師の人。

ケルシーと言ったような。

「バンクーバー ヨガ」って検索しまくって、やっと見つけたのがこのヨガ。フェイスブックベースで、ドネーションで参加できるライトなヨガ。

この日はインヨガだったので、エクササイズというよりはリラックスメニューでしたが、時間になるとあっという間に20人くらい集まってきてコミュニケーションタイムに。

ヨガマットは滑り止めついたタオルのようなものを持っていきましたが、結局クッションがちゃんとしているのがいいわよ! ということで貸してもらいました。

薄暗くなるまでじっくり瞑想するようなクラスでした。

 

 

Facebookリンクはこちら! 気になるかたはチェックして見てくださいませ。

RoofTopYoga

https://www.facebook.com/Lila-Popa-Rooftopyoga-140526745988921/

 

おまけ。

券売機混み過ぎなんだが。

チャージするために待ってるだけなのに…笑。

バスにも使うのに電車の駅でしかチャージできないというのもなんというか。

 

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。