服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






波乱とリラックスのプーケット旅行@カタビーチのCCHIDEAWAYに宿泊!美しすぎ&コスパ良過ぎのヨガリトリート

プーケット国際空港からグラブタクシーでどんぶらこ、約1時間でカタビーチ近くのCCHIDEAWAYというホテルに到着! 到着して階段を上がったら目の前に広がるブルー。

…う、美しすぎかよ!

プーケット3泊のうち2泊は、ここに泊まります!

 

 

ホテルのロビーはもちろん屋根はありますが、ほどよくオープンで風が通る良い雰囲気。

 

 

あ、到着したらバタフライピーと思しきお茶をサーブしてくれました。

 

 

英語のサイトも充実していて、かつヨガがテーマということがあってか、西洋人のおばさまたちが。

実際に訪れて驚いたのですが、プーケットは英国統治下だったことがあるそうで、英語を話すような旅行者も多いし、現地もかなり英語対応してる度が高い印象。バンコクよりもそういうところはある意味、洗練されているのかもと思ったり。

さすがアンダマン海の真珠!

 

 

後ろにはカフェ&バーが。チェックインすると一回だけ、ジュースを無料でくれるチケットをもらえます。しかも(確か)お部屋に届けてくれます! わたしはキャロットジュースをチョイス。

コールドプレスジュースなんてたいそうなもんじゃありませんが、無料で貰えるものはやっぱり嬉しい。

 

 

それにしてもプールきれいすぎる。結局行水レベルで一回ドブンと入ったどまりでしたが…部屋からはこのプールが見えるので、プールビューの贅沢な雰囲気が暗くなっても味わえます。

ちなみに今回泊まった部屋は、写真右奥の窓の見える部屋の真ん中あたりです。

ちなみに、なんと部屋のドアはガラスの引き戸! もちろんちゃんとロックできますけど、なんというかおばあちゃんちの勝手口レベルといいますか…ふつうに窓に鍵かけるだけぐらいのゆるい感じ。若干の不安は感じつつ、治安がよいということだよねと己を納得させる。まあパソコンとかは、ちゃんとセキュリティボックスに預ければいいだけの話。

たまに13インチのパソコンは入らない時がありますけどね…、

 

 

お部屋はこちら! ベッドは海外では珍しいシングル二つタイプ。

後ろにやたらアートなおねえさまがいらっしゃいますが。

 

 

ゾウさんタオルがとくのがもったいない…!

 

 

バストイレはノーマルなタイプ。シャワーは空から降ってくる式一つですね。

トイレはタイなので、手を洗うシャワーもあります。

 

 

水とケトルとその他色々。バスローブもあるのは寝るとき助かります。特に小荷物旅ならなおさら!

水以外のものはお金がかかりますが、風邪薬とかここにおいてあったのはちょっとおもしろかった。

…ちなみにセキュリティボックスは壊れていたというか、へんなふうにロックがかかるという事件が起こって、ホテルの人に助けてもらいました笑。

 

 

 

ちょっと小休止したところで、小腹も空いていたので近くのお店に出かけることに!

…が、タクシーの時点でも気づいていましたがCCHIDEAWAYはその名の通りと言うべきか、小高い山の上。徒歩で降りるのかなり大変でした。そして降りるだけで10分かかる笑。

 

ちなみにホテルはブッキングドットコムで予約しました。宿代は2人で2泊して合計約9000円弱の請求。なんだそれ!!!

二人で割ると4500円くらいじゃないか…爆安か。

ヨガなどのサービスは一部有料ですが、それでもこの宿代のやすさは嬉しい!

 

www.booking.com

 

 

ひいこら言いながら降りたらその先に露店が。

突然すぎる服屋。

 

 

ムエタイの写真が。今回のプーケットではやりませんでしたが、バンコクに行ったらまたやりたいなあ。

 

 

いそいそと到着。トリップアドバイザーで見つけたそれなりに口コミのよいお店、THE PAD THAI SHOP。超そのまま、タイ風やきそば・パッタイのお店でございますね。

 

 

英語と中国語での記述。あ、もちろんタイ語も。

50バーツはだいたい、200円弱ぐらいですかね。あんまり相場よくわかってないですけど、日本円換算したら、大したことはありません。

プーケットはバンコクよりも基本的にはちょい高な印象。

 

 

パッタイを注文して、お水も一緒に注文。

水はボトルでガンと渡してくれるので、フリーザーに入ってる氷を買う式という感じ。

ココナッツジュースも東南アジアあるあるの、ビニール袋に入ってるのを、氷を入れたコップをもらって飲む式。

 

 

調理場もオープンな感じですね。水ボトルが大量すぎてちょっと面白い。

フォークとスプーンはわりとオープンに置いてあります。

ちょっとちゃんと拭いた方がいいかな的な感じですね。

 

 

できたら順番に呼ばれる感じ。

2−3時とか結構半端な時間だったんですが、その割には結構人がいる印象。

ワンチャン、泊まってるホテルで働いてる人もいそう…。

ローカルの立ち寄りがあるのはいい店、これ鉄則。

 

 

出てきたパッタイはこんな感じ。確かたまごの何かを注文したはず。無類のたまご好き故に。

デカい! なんかあんまり食べないのですが、ラーメンどんぶりみたいなどんぶりに、あふれんばかりのたまごと香味野菜、豆腐的なものがズドンとあって、さらにその隣にもやしと香草とライム的な柑橘。

…いや、いいんですけども、多い!!!

おなかめっちゃペコペコでしたが、それでもちょっと残すレベル。女子にはなかなかきつい。

でもああータイだなあーって思わされるエスニックな味がしてとてもおいしい。

満腹になりつつ、急すぎる坂をえっちらおっちら登って帰りました。

 

 

帰りがけにヨガルームを見学。オープンエアな感じだけど気持ちよさそう! ヨガは朝8時と夕方5時なので、それに参加するつもりです。

 

 

ひとやすみしたら、いよいよ街へのお出かけ。

CCHIDEAWAYにはフリーシャトルバスがあります!

書いてある通りですが朝9時から夜11時まで、1時間ごとに各所を回る式。

この後はジャンクセイロンというパトンビーチ付近のショッピングモールに行きたかったのですが、そこまではバスが出てない様子。車で20分ほどだったので、そうかんがえると結構遠いですね。

普段この距離と知ったら絶対繁華街寄り、買い物に便利な場所を取るのですが…どうしてもヨガリトリートに泊まりたくてということで、こんな場所に。結局静かでよかったですけどね!

基本は往復仕様? のようですが、ワンウェイでいいの1 と言ったらわかったー的な感じでした。

宿から直行グラブでは高いので、一番街に近そうな7の地点にまで送ってもらい、そこからグラブすることに。

 

番の地点

 

 

ちょうど、欧米人の女性グループと同じバスに。

ちょっとおしゃべりしたのですが、スイス、イギリスなどいろんなところから集まった女性たちで、みんなで旅行なのよーと言っていてとても面白そうでした。

なんの友達だったか忘れましたけど、国を隔てても一緒に旅できるってすごい。ボーダレスなヨーロッパならではですね。

 

 

グラブを待っているあいだ、カロンビーチに沈む美しい夕景をパチリ。

この写真を見ていて、プーケットって想像以上に全然綺麗ということに気づかされました。

ああ…もう一回行きたい!

 

 

このあとはジャンクセイロン方面へ。

波乱とリラックスのプーケット旅行@エアアジアでプーケット国際空港へ到着! AISの激安高速SIMを仕入れて早速GRABTAXI

いよいよプーケットへ飛びます! 相変わらずKLIA2は広くて、Airasia機がずだーっと並ぶターミナルは見ていてたのしい。

 

 

マレーシアのクアラルンプールからタイのプーケットなので、飛行時間的には1時間半くらいなのですが、時差は1時間増えるんです。

クアラルンプールは日本より-1時間、プーケットは日本より-2時間なのです。

一応国際線ですがあんまり国際線って感じはしてなくて、3-3の国内線みたいなレイアウト。

 

 

各社の飛行機グッズを見るのが実は結構好き。

45マレーシアリンギットは相場にもよりますが、日本円だと1200円ちょっとです。

 

 

インフィニティロゴが結構かわいい。

マレーシアの免税品って安いイメージはあんまりありませんが…。

 

 

なぜか就航国各国の言葉で「二機の飛行機」って書かれている謎のTシャツ。

よくかんがえたら「二つ」じゃなくて「二機」ってちゃんと書いているところすごいな。

 

 

エアプレーンミニモデル。韓国にはボディにハングルが書かれたモデルが存在するのか…。いや、日本語で同じことはしてほしくないかもな。

 

 

寝る間もないあっという間のフライトにて…いよいよプーケット!!

海の美しさがすごい。沖縄もきれいだなと思ったけど、サンゴ礁もくっきり見えて緑も豊か。これはいい。すでに大感動です。

 

 

到着後、早速「SPORTS」と書かれたキングパワー免税店に捕まるショッパホリックはわたしです。

自分自身たくさん持ってるわけじゃないのですが、とにかく水着が好きで、見ずにはいられない症候群が出てしまうんですよね。

 

 

やたらピンキッシュなのが気になる笑。

ハワイアナスがありますね。

 

 

プーケットのモール等でも見かけたANNBRA。バンコクにももちろんあります、タイの有名下着ブランドです。センシュアルな水着ラインが個人的にすごくツボで、インスタもフォローしているほど。

空港でその美しさを体感したので、お店にも絶対行くぞと内心誓う。

 

 

サイズとか色々はともかく…柄がとにかく鮮やか。めっちゃかわいくないですかー!!!

 

 

ひんぬーすぎて三角ビキニはちょっとしんどいのですが、それに合わせるボトムが結構かわいい。日本のブランドではこういう発想はないきがします。

 

 

パレオみたいなものも美麗。同じ店で売ってるガラガラの水着とはちょっと相性が悪そうだけど…シンプルの差し色にするにはばっちりですね。

 

 

 

ちなみにこちらのオーシャンパックは、完全防水の袋らしく、おなじか偽物かわからないけどプーケットでは結構いろんな場所に売られています。

ビーチにものを放置して遊びにいけないという…そういうことかな…!?

 

 

結構がっつり時間のかかるイミグレーションを抜け、いよいよ入国!

タイは本当に入るのにいつも時間かかる。

空港についてまず最初にすることは、電波の確保! これないとやっていけません。

元々はエアアジア便で買えるであろうエアアジアのタイSIMを期待していたのですが、タイ直行便じゃないと販売してないんですかね、残念ながら買えなかったので、結局いつもお世話になっているAIS回線を買うことに!

国際ローミングSIMとしてバンクーバー・シアトルでもお世話になりました。

 

 

旅行者SIMはかなりいろんなオプションがあるのですが、電話はいらないのでデータ通信のみでOK。

 

 

価格レンジはそれぞれだと思いますが、だいたいどのくらいかというとこのくらい。

7日間有効で10GBつかえて149バーツ! やっす!

500円ちょっとです。テザリングもできるので、人と一緒に使うのもOKだし。

個人的には誰と旅行するときでも別行動しやすくするために、あんまり電波はシェアしない派ですが笑。

こんな価格設定を味わってしまうと、もう海外Wi-Fiレンタルには戻れませんね。

 

 

ちなみにもっと爆安オプションで3日間3GB、99バーツというオプションもありましたが、3泊するスケジュールなのでこれにはせず。大事をとって10GBの方にしてます。

3GB使い切ることはまずないにしても、結構地図やGRABが生命線だったりするので、人と一緒にいるときほど普段より多めのプランを契約しているかも。

 

 

SIMのアクティベート後、早速使ってGRABTAXI召喚! …が、待ち合わせ場所がちょっと遠くて把握するのに時間がかかりました。

自分のタクシーに乗れよ! GRABは使えないよ! とか英語で絡んでくる現地のタクシードライバーをくぐりぬけ、なんとかグラブに乗車。運転手の人は若干英語が喋れて優しかった。

 

 

宿はメインのパトンビーチよりさらに奥のカタビーチの近く。1時間はかかりますが、GRABのおかげで快適でした。他のタクシーだったらどうなのか想像つかない…。

そもそもタイバーツの現金持ってなかったし笑。

 

空港ではライドシェアの規制がされているところも多いので、そういう事情を調べるためにも事前の空港事情確認は必須ですね。

個人的にはライドシェアが使えるということは、その先に紐づいているカードで会計ができるということと、行き先を言語関係なくバッチリ指定できるという意味合いがかなり大きいです。

カード払いができれば、現地でもっともレートの悪い両替を空港でしなくて済むし(ATMでキャッシングとかすれば別ですけど)、行き先は通じない場合が本当に地獄を見るので…。

旅しやすくさせてくれているテクノロジーに感謝です。次はホテルにいきます!

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。