服オタIT系OL・よねぴーの守美範囲

元アパレル店員、現IT系OL。埼玉出身東京23区在住、おしゃれ大好き、筋トレも好き、実はゲームも大好き、多趣味な91年生まれ女子の日常。

【SPEC】
身長156㎝、服は基本上下Sサイズ(7号)、靴は23㎝幅E以上
転勤ライフからの都民ライフ満喫中
筋トレボディメイク中






ローカルとっぷりハワイ旅行@到着初日はおうちまったり! ブルーツリーカフェでアサイーボウル&初・フードランドでロコの愛するポキをいただきます!

今回のハワイ滞在は基本的にローカル友人と一緒。

車で迎えにきてもらう、一番理想的なスタイル。山下マヌーさんが現地友達に迎えにきてもらうのが一番最高だよ! みたいなことを言っていましたが、まさにそんな感じですよね。

今回は現地12時半くらいに到着だったので、しっかり日焼け止めを全身に施して、いざ出発!

小腹空き気味だったので、まずは合流がてらアサイーボウルをたべにいくことにしました。

 

 

友達のおすすめに応じて到着したのはこちら、ブルーツリーカフェ!

行ったその時は知らなかったのですが、あとから知ったら結構有名なカフェみたいですね。

地域的にはたぶんカカアコかなと。

Wi-Fiもあって作業してる人も多いし、いい雰囲気な感じのカフェでした! 日本人でも好きだと思う感じ。

 

 

コーヒー、ジュース、スムージーなど、ハワイっぽいラインナップがしっかり。

わたしは今回アサイーボウルしか食べてないですけど、楽しいカフェタイムが送れそうな雰囲気です。

 

 

スナックはスタバに似た感じのマフィンとかサンドイッチとか。

そして、黒い筒みたいなのはまさかのトーフニギリ。

奥にはオーバーナイトオーツがちょっと置かれてたりするという。

モデルさんがよく朝ごはんに食べてるYouTubeを見てますが、売ってるもんなんですね。

おしゃれか…!

 

 

カフェグッズも売られてます!

見切れてるけど、カフェのエコバッグとかもありますね。

アメリカのカフェはそんなに大きいところじゃなくてもこういうカフェグッズがありますね。

 

 

なんていう名前のものを頼んだのか忘れたのですが、たしか一番ベーシックなのと、トロピカルとかだったような。

チョコソースみたいなのがトッピングされてるのが珍しい気がしましたかね。

いつもジャンバジュースでしかアサイーボウル食べてなかったから新鮮でした!

 

 

ちなみに今回は友達の家で部屋を貸してもらいまして、ありがたく滞在させていただきます! しかもカカアコ周辺エリア。り、りっちー!!!

たくさんレストランにいくのも個人的にあんまり性に合わないので、ローカルっぽくスーパーで買い出しすることに!!

カカアコエリアには最近ホールフーズとかダウントゥアースができたんですが、ローカル友人曰くまあ高いよとのことで、庶民派? というか普通に使われるフードランドファームズへ。

 

 

まずはグリーンなお野菜がお出迎え!

ズッキーニとかもあるけど、意外と日本にありそうな白菜とか青梗菜もある。

 

 

フルーツどかーん!! もうこういうの好き。ハワイっていうか、食料自給率高めの海外ではどこでもありがち。

ベリーはアメリカだととても安く買えるので、おやつがてら買うことが結構多い気がします。ラズベリーとかブラックベリーとか。

 

 

噂のコンブチャバー。実は海外に結構いくわりにコンブチャは飲まず嫌い中なんですよね。

住んでる人によると、メーカーによっては美味しいところもあるらしいんですが、まだおそるおそる。

フレッシュジュースと書いてあるところには、氷の山の上にぶすぶすとフルーツジュースが刺さりまくってるというワイルド仕様。

 

 

サラダバー!! …のように見えて、実はディップ野菜バー。

ディップした野菜をつまみにする海外らしい発想で楽しい。

最初は普通にサラダみたいにお皿に盛りつけようとしてしまったんですよね笑。

 

 

さっき写り込んでたMAIKAI SPECIAL。マイカイは確かハワイ語で、身内、とかっていう意味だったかなあ…。

そんなことより、99セントのスイカみたいなものを発見。

でもこれ、一個が99セントなのではなく、一定の重さが99セントなんですよね。海外あるある。というか、ある一定あたりの重さがその値段のはかりうりスタイル。

最初は色々理解できなかったのですが、海外だとこういうのがスタンダードみたいです笑。

個数課金なのは日本だけなのですね…。

 

正面からきれいに写すとこんな感じ。整然。

 

 

 

このとき10月だったので、ランタンかぼちゃが。

あとはかんきつとかトマトとか、そういう感じの。

 

 

アメリカのスーパーには必ずあるエクスプレスチェックアウト。

日本はちょっとした買い物をコンビニで済ませるイメージですが、アメリカだと買ってすぐ食べるようなスナックとか、お弁当的な買い出しもスーパーでやりますよね。

それゆえに、少数の点数の買い物の場合は、こういうところを使いこなしてこそ、スーパー達人って感じですね!

まあ…エクスプレスでも結局アメリカ仕様なので、日本クオリティほどそんなスピーディーじゃないですけどね笑。

 

 

さて、フードランドはその名の通り、食べ物系のものが有名。

アメリカのスーパーはこういうサーバーがたくさんあるのがめっちゃいいですよね…!

ホールフーズとかダウントゥアースよりも庶民派仕様。

野菜系。

 

 

たんぱく質系のホットミールもありますよ。

 

 

ちょっとなんだか忘れちゃったのですが…デザート? とか。

 

 

で、今回フードランドに来た目的の一つはこれ。

ハワイのソウルフード…ポキ!!! POKEと綴るので、ポケと表記したりもするのですが、英語的にはたぶんポキの発音が近いのかなと。

マグロとかだとアヒポケとかいったりしますね。

ちなみにポキのことをねんのため解説しておくと、ポキはハワイ風の魚の漬けです。ごま油とか醤油で味付けするので、いわゆるマグロ漬けとかでも日本で食べるのと味の感じが全然違うのですよ。特殊ですわ。

 

 

スーパーチェーンごとに結構味付けが違うと言われるのですが、フードランドは結構おいしいとしてロコの人に有名なようです。

 

 

鮮やかな色合いなのがいかにもアメリカー! って感じ。醤油とかわさびとか想像しやすい味だけじゃなくて、ピリッとした味とかもあった気がします。

ここの基本は、味見をして買うこと! 基本的にお試しさせてくれるので、気軽に指差してトライしてみて全然OKです。

 

 

いかにも寿司っぽいスパムむすびも近くにありました笑。

海外で食べるコメ系の色々は何かと…まあ、あれだなって思うのですが、ハワイは結構日系人がいて、その影響なのか日本的な食べ物は割と美味しい気がします。

セブンイレブンとかでも割としっかりしたスパムむすびがありますよね。

 

 

チーズ! やっぱり欧米圏ではチーズ売り場がしっかりしてますね。

わたしお酒も飲まないし、乳糖不耐症気味もあってチーズだけ食べることはそんなに多くないんですけど、チーズソムリエみたいな友達がいたら選んでほしいかも笑。

 

 

チーズの隣にたかそうなチョココーナー。

MATCHAと書いてあるパッケージの前を素通りできないのがお茶好きの性分です。

チョコとチーズって一緒に食べるのかな? ワインアイテムな感じがしますが。

 

 

お肉売り場!

ディップ文化があるからか、つける系のものも結構売っている気がしますね。

 

 

ディップといえばチップスも欠かせない。びっくりしたんですけど、アメリカだとチップスはディップして食べるんですよね…。

スポーツ観戦とかしながら見るらしいです。ワカモレとか、フムスとか。

ちなみに、ディップするように味付いてないのと、味ついてそれだけで食べられるものとあるみたいですね。その発想がすごいと思う。

 

 

アメリカでで大好きなシリアルコーナー。長期滞在の時にはいつもシリアル買ってます。

滞在日数を考えていつも箱で既製品を買うのですが、この時は量り売りに挑戦することにしました。

 

 

ハワイではお水だけは安い。銘柄は場所によって違いますけど。

でも実際に友達の家に暮らしてみると、みんなほとんどブリタ使ってるんですよね。

前のAirbnbしたおうちもそうだったので、基本みんな水道水をろ過して飲んでるというイメージ。こういうボトル水は持って歩き用というか。

ただでさえ色々高い地域なんで、水道水が飲めるというのは結構ありがたいことですよね。

 

 

スープ缶とか保存食とか。

キャンベルスープばっかりですが、アメリカって粉スープはあんまりないのかな…?

 

 

日本のお菓子もあるよということで。

ハワイはなんだかんでいって日本がすごく近いんですよ。もちろん日本から最も近いアメリカはサイパンとかグアムなんですが、文化的にきれいに溶け合っているのはやはりハワイ。

まあもちろん輸送代があって高いですけど、日本のものがちょっとくらい恋しくなっても大丈夫です。

 

 

クラッカーとか。アメリカ人にはクラッカーが欠かせないらしいです。

日本でいう柿ピーとか、スナック菓子の感覚なのかなあ。

 

 

ハワイといえば! のコーヒーの一つ、ライオンコーヒー。わたしの地元の大きめスーパーとかでも実は手に入ったりするのですが、やっぱりローカルプライスで、多彩なラインナップから選べるのが現地のいいところ。

コーヒー飲まないのであんまりわかりませんが、好きな人のお土産にはよさそう!

ちゃんと写ってませんけど、スタバのコーヒーも結構身近に手に入りますよ。

 

 

その隣がティーコーナーでした。小さい…笑。

アメリカ、といってもわたしの知識はほとんどハワイですが、実はあんまりお茶コーナー大きくないんですよね。カナダのホールフーズが北米だと一番大きいかなと思ったぐらい。カナダはイギリスのアフタヌーンティー文化があるので、おそらくお茶消費量もまあまあなのかと予想。

まあそもそも暑いから、お茶どころじゃないっていう説もありますね笑。

グリーンティーもありますが、個人的にはハワイやアメリカっぽいトロピカルなフレーバーがおすすめかな。

ハワイで緑茶を買うなら、一旦はドンキを覗いたほうがいいです笑。

 

 

なんか高そうなパケのSTASHとやら。紅茶もハーブティーも緑茶も。

アメリカ系のお茶も一回買ってみようかなあ…。

 

 

ハワイによく行く人がおすすめしている、生搾りのフレッシュピーナッツバター!

この機会でそのまま容器に入れて、ダイレクトに持って帰れるのです。

アーモンドバターも高いけど、油がヘルシーなので一度お試ししてみたい。

ちなみにわたしは普段自宅でパン食しないので買いませんでしたが…パン食してる方には日本へのお土産としてもおすすめ度高いです。

 

 

いつもみるたび衝撃なおやつサーバー。こんな取り放題ノリでお菓子は買えない…。

 

 

今回トライしたナッツとシリアルのサーバーはこちら! ハワイのスーパーだったらだいたいどこでも見かけますが、量や種類はお店の広さに依存する気がする笑。

上段がナッツ、下段がシリアル。

なんか混ぜてもいいのかな? と思ってましたが、量り売りだから別にとったほうがよさそうです。

ちょっと混ぜちゃって、これなに? ってレジで聞かれました。

 

 

シリアルのベースを選んで、好きなだけ取って容器に入れるというシンプルな買い方。

こんなことするだけでもちょっとドキドキするし、なんだか成長した気になれるのがいいところ。

 

 

なんか粉? みたいなのもありました。ココナッツフラワーとかなので、小麦粉の代替品みたいなものかな。

 

 

結局こういうシリアルバー…あんまり慣れなくてうまく使えなかった感が。今度こそちゃんとやってみるぞ!

 

 

どでかいアイス。なんでどでかいところが標準なんでしょうか。笑

 

 

ミルク系! アメリカだと、牛乳、アーモンドミルク、豆乳、その他という具合の配分な気がします。豆乳は無糖のものを手に入れるのが結構難しいので、アーモンドミルクのオリジナルとかを買って、シリアルにかけたりしています。

アーモンドミルクのよしあしっていう話じゃないのですが、ほんとはタンパク質を手軽に補給するのに豆乳は最適なので、そうしたいんですけどね…。

香港でも思ったけど、豆乳がポピュラーな地域でも無糖を手に入れるのはかなり難しいですよね。よく考えたらお茶も甘くしないのがベースなのは日本くらいだし、日本は相当特殊な環境なのかも…。

 

 

ジュースもいっぱい。

一時期、どうしてもシリアルにかけるものがなかったときオレンジジュースをかけたことがあります笑。基本はジュースはジュースでも、コールドプレスとか、パルプがいっぱい入ってるストレートジュースとか、そういうのを飲んでいます。

フルーツが不足してる時飲むと、結構心が潤うんですよね!

 

 

さて、ごはんチョイスに戻りますね。

ディップ好きな友人がどうしても食べたいということで来てみたら、なんとむき海老とかそういうコーナー笑。

これにチリソースとかつけて食べるらしい。

 

 

サーモンとか。タルタルソースみたいなのですね。

 

 

お肉類。なんか、必要以上に赤く見える…。

 

 

ソーセージがあると思ったら、その後ろにアスパラが…。

これは炒めるとかでなくディップするとか、やっぱりそういう感じなんですよね?

 

 

レジ横のさらなるスナックコーナーをチラ見。

ここはチップスとトレイルミックスですね。

ハワイって意外と活動的に動くから、トレイルミックスみたいなものはあると結構助かるのかも…。

 

 

アメリカで大人気のブルーダイヤモンド、しょっぱいナッツですね。

ハワイだとそれよりもマウナロアって感じなんですかね? マウナロアのほうが個包装でお土産に優しいです笑。

 

 

最後に…エコバッグ…! 海外スーパーではエコバッグは避けて通れません。

フードランドは、数あるスーパーの中でもエコバッグが安いので、バラマキ用にもおすすめです。

だって、一枚2,3ドルくらいですからね。

下段のしっかりしたものは自分用でもいいかもですけど、5ドルですよ。

 

 

家に帰って、ディナータイム! 時差ボケもあったので、しっかりディナーにしなくてもこれで十分いい感じ。

激ウマタルタルとエビチリで、交互につけて食べる。

 

 

あとは冒頭でも紹介したポキですね。炊いておいた白ごはんと合わせたらあら不思議、日本人にも馴染みのある感じになりました!!

漬け丼かよ! って感じですが、ポキは本当にハワイの味なので、日本食とは絶妙に似て非なるものなんですよねえ。そこがまたよい。

 

 

おまけ。アメリカのガソリンスタンド。ガスステーションというみたいですね。

 

 

車はアメリカでは必須ですが、基本的にガスはコストコでしかいれないみたい。理由は高いから笑。

ローカルとっぷりハワイ旅行@羽田夜発便はハワイアン航空が王様! 激混み深夜の羽田でぜいたく個室シャワーを浴びる方法

日本人には永遠に人気なロケーションといえば、ハワイでございますよね。

すべてが揃ったスーパー観光地。わたしも大好きなので、思わず年に2回も行ってしまいましたよね。

2018年10月の情報ですが、これからハワイに行く人にもまあなにかしらTIPSとなったら嬉しいです。

3度目のロケーションということもあってあんまり写真が多くないので、さくさくっと終わると思いますが、ハワイのネイチャーなタイプの美しさをぜひご堪能ください!

 

とはいえ、まあ初日は羽田空港深夜便からスタート。夏休みと当時の代休を投入して、月曜深夜発、月曜夕方帰国の便をアレンジいたしました。1週間まるごと休んで、長期休み感をださないように、あえて土日

23時台羽田発のハワイアン航空、極限まで日本人ビジネスマンに優しい便で最高です!

ANAとかに比べたら優しい値段なので、特にこだわりなければハワイアンでいいんじゃないですかね。

 

で、今回はかなり全身全霊でぎりぎりまで働いてたので、超絶小汚かったので…

羽田でシャワーを浴びてから楽園に飛び立つことにいたしますよ。

ほんとだったら到着ロビーにあるシャワールームが使えるんですが、月曜の夜とはいえ、深夜便に搭乗するビジネスマンで、外のシャワールームは当然混んでるし。

そもそも空港に着くのがぎりぎりなので、すぱっと中に入って中でなるべくゆっくりするのがいいかなと思い、今回は国際線ターミナル内のトランジットホテルをチョイス!!

 

 

ふつうに寝泊まりの部屋もあるんですが、リフレッシュルームという時間単位で使える部屋がありまして、1時間2000円でシャワーが使えます。

 

www.the-royalpark.jp

 

…って今見たら、19年の10月から3000円になるんですね!

それは高い…より一層ランドサイドのシャワー室混みそう。

ちなみにわかりにくめなトランジットホテルの場所は、キールズと免税品受け取りカウンターの間の道を進み、エスカレーターを登ったところにございます。

ハワイアン航空の搭乗口は国際線ターミナル西側奥めなのですが、そちら側に向かう途中にあります。安心ですね。

 

 

ザ・ロイヤルパーク羽田。

わたしが行った時はすぐ部屋を案内してもらえました。

飛ィ!! みたいな感じの書道が飾ってありました。

 

 

案内された部屋へ。トイレは別室にありますが、荷物だけ置いてからパッとトイレにいけば、まあそんなに困ることもないかなと。

 

 

どどーん! リフレッシュルーム内はこんな感じです。

フットレスト付きの椅子、テレビ、テーブル。

 

 

椅子から見て左手側の角にはハンガーラックが。スーツケースを持ってたらこの下あたりに置くと邪魔にならなさそう。

完全に出張者に向けて作ってる感がひしひしと伝わるインテリア。

 

 

ハンガーラックの足元。1時間の超短期滞在なのに、スリッパを用意してくれてるのはありがたいですよね。足はテンションと直結するのでなるべくリラックスさせたいところもあり、ありがたく使わせてもらいました。

そして、ハワイ滞在でも使うため持ち帰り笑。

 

 

洗面台には一通りのアメニティが揃ってます! 日本なのでもちろん歯ブラシも。

ハワイアン航空の深夜便は、乗ってからは機内食が出ないので、がっつり歯磨きしてから乗るのが正解です。

 

 

シャワールームはもちろんドアも閉まるし、お湯の勢いもいい感じ。ありがたいジャパンクオリティです!

かなりきちんと揃っているので、出張前の身だしなみに完全にバッチリなロケーション…。想像以上によくて感動しました。3000円となるとちょっと足踏みだけど、翌朝身ぎれいにさくっと動きたい場合はこれ以上のものはありませんね。

 

ちなみに超余談ですが、渡航前後のシャワーや身支度に、わたしはジムを使うこともあります。

いまは六本木勤務なので、羽田や成田から帰ってきたら六本木で都度利用契約しているティップネスへ笑。

スーツケースとかをちゃんと置くところがなかったりするのは難点ですが、バスタオルは100円でレンタルできて、都度利用料金含めても1600円。空港の外で延々と待たされるよりは全然効率的。

特に、出勤前はオフィスに近い方がぎりぎりまでいられて助かります!

 

 

余談はさておき。トランジットホテルで身支度したら、チェックアウト前にはドリンクバーのあるロビーでくつろぐことも可能です!

定番のコーヒー、お茶、ジュースは普通に完備。時間なかったのでお茶一杯程度で終わったのですが…昼だと飛行場が見えて楽しいかも!

 

 

さてさて、搭乗口に移動していきます。

歩く歩道もあるし、迷うことはないのですが若干遠いので時間にはお気をつけあれ。

 

 

ハワイ便は屈指のファミリー路線…。一人旅にはなかなかタフな、2-4-2が基本のレイアウト。いや、いいですけど。

ひとり旅行者的には2-3-2とか、真ん中が3のやつがいつも助かるなというだけでございます。

 

 

足元はふつうクラスです。日系便よりはちょっと狭いのでしょうか?

小柄な女性なら特に気にすることはないかと。

 

 

特に買うわけではないのですが、見てるだけで楽しい機内誌。

 

 

スリープキットは、アイマスクと耳栓が配られました。あとイヤホン。

いつもは自分で持ち込んだものを使うのですが、用意あるのはありがたいですね!

 

 

乗ったら仕事疲れもあって即・昇天。

朝食はこんな感じです。

ロコモコ、果物、水。そしてホノルルクッキー!

ホノルルクッキーについては、現地での来店でギフトがもらえるチケットもくれます。

定番土産すぎてもはや買うことはないものの、安定のおいしさにほっこりします。

 

 

ハワイ到着! いざつくと、時間帯の関係だと思いますが、JALとかANAとか日系便が多すぎて驚愕。

 

 

あいかわらず並びまくりの入国審査を終え…いざ・ハワイ!

 

ご覧くださりありがとうございました。毎日更新を目指しています。是非また覗きにきてください。